女優の仲里依紗(31)が4日、自身のインスタグラムを更新。国民的キャラクター「クレヨンしんちゃん」の映画29作目となる『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』(4月23日公開)のゲスト声優に抜てきされたことをうけて、ミニスカ“ギャル”制服姿のオフショットを公開した。

【写真】「ど派手!」「ハイパーギャル!!!」仲里依紗のミニスカ“ギャル”制服姿

 本作は、シリーズ初の本格(風)学園ミステリー。嵐を呼ぶ“永遠の5歳児”のはずが、しんのすけとその仲間たち・カスカベ防衛隊がなんと学帽をかぶり制服姿で学園に体験入学することに…という物語が描かれる。仲は、その天カス学園のエリートクラス・テン組に在籍し、怪事件の容疑者の一人となるエリートギャル“アゲハ”役。

 投稿では「本厄なのに夢叶ったーーー」「夢叶いすぎて怖いやつ笑」と、念願がかなった喜びを爆発。次の更新では「フォーエバーギャル #厄年ぶっとばしギャル魂2021」と、制服姿のオフショットをアップした。チェック柄ミニスカート、腰に巻いたピンク色のカーディガン、ルーズソックス、厚底シューズという“ギャル”な着こなしを披露している。

 ファンからは「ど派手!激かわぁぁーwww」「ギャンギャル里依紗ちゃん大好きー」「違和感なし」「いいタグー(笑)私もその心意気で生きる」「ハイパーギャル!!!」「鬼かわいすぎますー」といった反響を呼んでいる。