女優の土屋太鳳(26)と俳優の田中圭(36)、インスタグラムのフォロワー数が60万人を超えるCOCO(10)が5日、都内で行われた映画『哀愁しんでれら』初日舞台あいさつに出席した。

【動画】土屋太鳳、秘密バラされ赤面 田中圭が“裏の顔”を暴露

 同映画で3度目の共演となる土屋と田中は、内容にちなみお互いの“裏顔”について聞かれると、田中は「これを言ったらな~、太鳳ちゃんのイメージが変わっちゃうんですよね~」とニヤリ。「太鳳ちゃんは、知っている方も多いと多いと思いますが、ストレッチバカなんですよ。朝起きてはストレッチ、現場でもストレッチをしているわけですよ。体をほぐしている」と暴露。

 自身だけのストレッチだけでなく、監督や共演者の肩も揉むそうで「『こってますね~』とか言って、僕の肩も揉んでくる。なので、(土屋の肩は)イメージ的には柔らかいと思っていて、ある時、お返しに肩を揉んだら、ガッチガッチだったんですよ!」と驚いたそうで、「お前、あのストレッチなんなん!?と。本当にびっくりして、たまげましたね。お前が一番。こっているじゃん! なんのためにストレッチをしているのかというくらい。あれはもう、この撮影で一番笑い転げました」と笑いを誘った。

 日本女子体育大の体育学部運動科学科で舞踏学を専攻している土屋だが、この裏話をバラされ赤面。「何を言われるのか、ドキドキしていましたが、そうですね…。どうしようもないというか、この(肩)こりは…。頑張ってストレッチをしているのですが…」と効果が出てないことを嘆いていた。

 なお、田中曰く、肩がガチガチだったのは、この撮影期間中だけだったとフォローも。撮影現場では共演者通しでマッサージをやったそうで土屋は「圭さんはめちゃくちゃうまいので、よかったらファンクラブのイベントとかで“圭さんマッサージ”を!」と提案すると、田中は「検討します!」と笑っていた。

 同映画で土屋が演じるのは、平凡な毎日を送っていた市役所勤めの小春。しかし、ある夜、祖父が倒れ、父が飲酒運転で連行、自宅が全焼、彼氏の浮気現場を目撃するなど、怒とうの不幸にあい、一晩ですべてを失ってしまう。そんな中、田中演じるイケメン開業医の泉澤大悟と出会う。大悟は、前妻を事故で亡くし、現在は8歳の娘を男手ひとつで育てているが、互いに引かれ合い小春にプロポーズ。不幸から幸せの頂点へ駆け上がり、幸せな家庭を築いていくことを決意した小春だったが、ある日、前代未聞の凶悪事件を起こしてしまう…。