俳優の新田真剣佑が4月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ『イチケイのカラス』で同枠初出演することがわかった。主演・竹野内豊演じる型破りな刑事裁判官・入間みちお、そして彼に振り回されながらも真実をつかもうと奔走する坂間千鶴(黒木華)らが所属する東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)のメンバー・裁判所書記官の石倉文太(いしくら・ぶんた)に起用。竹野内、黒木ともに初共演を果たす。なお、同局ドラマ出演は『刑事ゆがみ』(2018年10月期)以来約2年半ぶりとなる。

【写真】イチケイメンバーを演じる竹野内豊&黒木華

 民放連ドラ初となる刑事裁判官を主人公とした今作は、みちおや千鶴らイチケイメンバーの活躍をコミカル&ビターに描く。新田演じる石倉は、みちおら裁判官をサポートする裁判所書記官の青年。裁判所書記官とは、裁判の記録や調書などを作成・保管するほか、裁判所主導の現場検証を行う際にはスケジュールを調整したり、検証に立ち会って記録したりと、縁の下の力持ちとして裁判官を全面的にサポートする役割を担う。

 石倉は、書記官として適正かつ迅速な裁判運営を支える一方で、持ち前の人なつっこい性格とチャーミングな笑顔で、場を明るくもり立てるムードメーカーとしてもイチケイに欠かすことのできない存在。書記官になる前からみちおのファンであることを公言する石倉は、自由奔放なみちおをしっかりとサポートしながら、みちおに振り回されるイチケイメンバーとの間で橋渡し役として活躍する。

 また、千鶴に好意を抱いており、無意識に目で追ったり、何かにつけて思わせぶりなそぶりを見せたりする場面も。ド真面目な千鶴には毎度けげんな顔をされてばかりだが、それでもお構いなしと言わんばかりに、人なつっこい態度で心の距離を縮めていく。マイペースで自由奔放なみちおと、みちおの一挙一動に頭を抱える千鶴、そして、その状況をどこか楽しんでいる様子の石倉。三人が織り成すチーム感と、コミカルで軽妙な会話劇にもみどころとなる、

 さらに石倉は元傍聴マニアという一面を持ち、書記官になる前から幾度となくみちおの裁判を傍聴してきた。その中には、みちおがかつて弁護士バッジを捨て、裁判官へと転身するきっかけになった、ある事件の裁判も含まれているようで…。石倉が傍聴席から見たみちおの知られざる過去とは。謎多きみちおの素性を知る数少ない人物として、物語のカギを握る言動をみせることとになる。

 出演に際して新田は「今まであまり見たことのない裁判官目線のお話なので、とても興味深く台本を読ませていただきました。撮影現場では、いつも竹野内さん、黒木さんたちと一緒で、とても楽しくやらせていただいています」と和やかな収録の様子を報告。

 初共演となる竹野内とは「子供の頃にお会いしており、それ以来ぶりにお会いでき、こうして共演させていただけることをうれしく思っています。黒木さんとも初めてご一緒させていただくのですが、一度舞台を見させていただき、とても感動したので、今回も勉強させていただけたらと思っています」と意気込み。

「長い期間をかけてみんなで大切に撮影しています。放送をぜひ楽しみにしていただけたらうれしいです。そして、若手でありながらも懸命に頑張っている石倉の姿を、同世代の方にも伝えられたらと思っています」とコメントを寄せている。