人気グループ・SixTONESの松村北斗(25)が女優・森七菜(19)とW主演を務める映画『ライアー×ライアー』が19日より公開される。親同士の再婚により義姉弟の関係になった高槻透(松村)と湊(森)による“ウソ”から始まるラブコメディー。若手実力派として注目を浴びる森との共演や、アーティストと俳優業を並行して行う現在のスタンスについて、さらに、自身は恋人の“ウソ”は「基本、NG」と言い切る等身大の恋愛観も語ってくれた。

【場面カット】身長差にキュン!森七菜の頬を包み込む松村北斗

 今作は、累計発行部数190万部を突破し、2012年度『このマンガがすごい!オンナ編』にランクイン、2015年には第39回講談社漫画賞・少女部門にもノミネートされた金田一蓮十郎氏の大人気コミック『ライアー×ライアー』(講談社「KCデザート」刊)を実写化。湊には超不愛想で“ツン”の態度をとっている透と、女癖の悪い透を毛嫌いする湊、険悪ムードの2人だが、ある日、透は、湊がひょんなことから金髪の女子高生となった姿に遭遇。正体に気づかずに恋をしてしまい、湊は自らを“みな”と名乗って交際を始めることとなる。

――まず今作のオファーを受けた率直な印象をお聞かせ下さい。

「最初はラブコメを演じる雰囲気が自分にあるかな、とびっくりしました(笑)。自分がキュンとするような強いせりふを言って、キャー!というのを全く想像できず不安でした。でも脚本を読んでみたらそういうラブコメではなくて、壁ドンも、ドS俺様せりふがあるわけでもなく、素直なセリフで描かれていたので、安心しました。ストーリーも面白いので、自分が迷いなく演じればいい作品になると思いました」

――漫画原作ということについてはどのように感じられましたか。

「やっぱり、二次元のものを三次元化するというハードルはどれだけ時が経ってもあるものだと思います。原作も、何度も読みました。原作から三次元化するにあたって変更した部分が“進化した”と見えたらいいなと。ストーリーも、キャラクターも同じなので、つながっている部分はありますし、隠れポイントのように漫画の原作と同じ動きをしたり、あえてやり方を変えてみたり、工夫したポイントがあります」

――今回演じる透は湊の前の“ツン”、みなの前での“デレ”。2つの顔のギャップが魅力となっていますが、演じる上で心がけたことはありますか。

「森さんは『みな』と『湊』の演じ分けは大変だったかもしれないですが、透に関しては素直に想いをぶつけていただけです。後半はそれがキーになっていくのですが、みなさんの見える部分ではすごく素直なのでそこは演じながら意識しました」

――これまでは『パーフェクトワールド』(2019)『10の秘密』(2020、ともにカンテレ)などヒューマンストーリー系の作品への出演が多かったと思いますが、“ラブコメディー”だからこそ、難しかったことはありますか。

「“普通だったら”が通用しないところもありました。例えば、デートシーンなどで『もっと笑顔を』と求められて、『もっとですか!?』と普段よりも大きな感情表現を求められて苦戦しました」

――笑顔のアップなどはラブコメならではの描写かと思いますが、そこはご自身のなかでは一生懸命に演じた部分なのでしょうか。

「ラブコメだと割り切ろうとして演じるのではなく、会話がちゃんと成立したり、人と人との関係性からくるものとして演じないといけないシーンもたくさんあったので、その塩梅は気にして演じました」

――W主演で森七菜さんとのお芝居はいかがでしたか。

「もともと、クランクインする前から他の作品を一方的に拝見していて、ものすごく森さんのお芝居に憧れていました。『ラストレター』(2020)という映画を見て、すごい女優さんがいるなと思っていました。共演してみたいけど、目の前であの演技を見せつけられたら…と不安に思っていたのが共演する前の印象です。

いざ共演してみるとやっぱり、すごかったです。撮影している期間はものすごく刺激的でした。森さんもお仕事にのめり込むように熱中する方なので、現場でも、仕事に向き合うベクトルの話が多かったです。経験が豊富な方や大御所の方とお会いすると焦ってしまったり、自分のスタンスはこれで大丈夫かと不安になってしまうのですが、森さんとは無理することなく、一緒にお芝居ができました」

■恋愛には冷静、実は流行り物が好き? 等身大の“松村北斗”の素顔

――透の不器用な恋についてご自身どう感じましたか。

「僕は彼らのような複雑な恋愛に縁は無いと思います(笑)。恋が悩みの種になったり、相手を想うあまりに嘘をついたり…盲目になってしまうよりは、至って平常心でいたいんです。」

――恋愛は盲目になったり、波風が立つことも魅力かもしれませんが…。

「それを魅力的に感じていた年頃もあります。学生時代とか、プリント渡すフリして(好きな相手を)見たりしますよね(笑)。恋愛自体を否定するわけではないですが、そういう恋愛はしたくないなと思うようになりました」

――劇中では湊(みな)がつじつまを合わせるために透にウソを重ねていきますが、松村さん自身、恋人につかれてOKなウソ、NGなウソのボーダーはありますか。

「基本、NGです(笑)。『ウソなのかな?』と思うこともめんどくさいと感じてしまうので…ウソをつかなければいけない種を生んでほしくないなと思います」

――現場ではちょっとした“ウソ”を付き合う遊びをやっていたとお聞きしましたが、そういうかわいらしい“ウソ”なら楽しめますか。

「それなら全然楽しめます。こっちも『オイ!』みたいな感じを一緒に楽しめるのであれば。それは彼女に限らず仲良い人にはやると思うので、冗談の遊びであれば全然問題ないです」

――劇中ではツンデレな“2つの顔”をみせていますが、ファンやメンバーに見せているご自身の姿とは違うかもしれない隠れた一面があれば教えて下さい。

「僕には、王道を避けて、斜めから物事を見ているようなイメージがあるらしいんです。流行り物を『あ~今だけのやつね』とか言いそう、みたいな(笑)。でも本当は流行り物とかめちゃくちゃ好きです。今流行っている音楽もめちゃくちゃ聞きます!」

――例えば、今流行っているもので自分のなかでもブームが来てるものはありますか?

「サブスクリプションの2020年のヒットチャートとかを上から聞いています」

――流行り物を好きな自分を出すことが恥ずかしい、という意識はないんですよね(笑)?

「積極的に摂取しにいかないので、取り入れるのが遅いんです。みんながNiziUさんの話題で盛り上がっている時にはなんのことだかわからなくて、今になってやっと『NiziUさんね!』みたいな(笑)。自分の周りにメンバーがいることで、流行を知ることができるのでよかったです。YouTubeとかでも、この曲いいってなったら、すでに再生回数が何千万だったりします(笑)」

■メンバーからの感想に照れくささも「肘でツンツンされちゃうみたいな…」

――現在、公式YouTubeではSixTONESメンバーのみなさんが今作を試写する動画が公開中。どんな感想をおっしゃられていましたか。

「僕はその時、一緒に観てないので『公開をお楽しみにね』なんて言われてたんですが、観た後はジェシーがひたすら静かでした。本編中、たくさん泣いたらしく、入所当時から一緒だったみんなに観られるのは、恥ずかしいから『しゃべれよ!』って言ったら、(ジェシーが)『あれを観た後にお前のこと、イジれないよ…』って(笑)」

――めちゃくちゃ刺さったんですね(笑)

「『あれ以上しゃべったら俺はまた泣いてしまう』と。普段はラブコメを観ないメンバーもいるんですが『これは面白いね』って言ってくれて。『俺、お前のこと好きだわ!』とか、『こっちにくるなよ! あのキャラクターが全員あの世界で幸せに生きていればいいじゃないか』と感情移入していて、みんな作品を気に入ってくれたみたいでした(笑)」

――ラブコメ作品で自分の演技を観られるのは恥ずかしい、みたいな感覚はありましたか。

「恥ずかしさはないつもりだったんですが、いざ感想を言われると肘でツンツンされているみたいで『うるせーやい!』と思いました(笑)。でも泣いたと聞いたのはうれしかったです。それまでは監督さんやスタッフさんなど一緒に作ってたチームの人たちとしか観ていなかったので、初めて感想を聞いてしんみりしちゃいました」

――デビュー2年目を迎えてすぐに主演映画が公開と波に乗っていらっしゃいますが、演技面の目標はありますか。

「細かく言えば、こういうのが好きだからやってみたいというのはありますが、いつまでにこれを成し遂げたいなどの目標はなくて、次の作品はどうしようか、と考えている状況を常に作りたいです。目の前のことをとりあえずやっていくのが自分の性に合っているので、目の前のことを考えている状態がずっと続くように、という小さいようで大きい目標があります」

――松村さん自身は演技に力を入れたい、みたいな気持ちも?

「そうですね。いろんなことをさせていただくなかで、最初ご縁があったのは歌やダンスのアイドル業。その後にお芝居。その2つは特に縁があります。お芝居は特別なことと思わず、当たり前のように演じれるようになれたら良いな、と思います」

――ダンスや歌、バラエティーなどさまざまなお仕事をされるなかでお芝居の魅力はどのように感じられていますか。

「自分のなかでアイドルをやる時、お芝居をやる時、と切り替えたり、どっちが主軸かは考えていません。松村北斗がお仕事をするという一本の柱として、同じ解釈でやっています」

――今回の映画では「自分の気持ちに対して素直になることの大切さ」や透自身の成長も描かれていると思いますが松村さんの思うみどころを教えて下さい。

「ラブコメ要素と日常感のバランスが魅力的だと思いました。胸を打つシーンはそのキャラクターが素直だった瞬間。透にしても素直に好きな感情を表現したり、湊も烏丸(小関裕太)も素直な瞬間が一番胸にきます。スタートはちょっと現実離れした“ウソ”ですが、ラストの終わり方が魅力的なので、ぜひ注目していただきたいです」