俳優の兵頭功海が『兵頭功海 2021.4-2022.3カレンダー』(アミューズ)を3月上旬に発売。写真と映像で魅せるストーリー仕立てとなっている。

【表紙カット】透明感あふれる表情…海辺でたたずむ兵頭功海

 兵頭は、オーディション第1回『NEW CINEMA PROJECT』の「出演者」 部門でグランプリを受賞し、そのプロジェクトの作品映画『五億円のじんせい』で俳優デビュー。その後、2019年に『騎士竜戦隊リュウソウジャー』にカナロ/リュウソウゴールド役で出演し注目を集め、2020年はLINEオリジナルドラマ『昔、好きだった人からLINEが届いた。』、TOKYO MX月曜ドラマ『片恋グルメ日記』、MBSドラマ『社内マリッジハニー』などに出演する注目の若手俳優の一人となっている。

 カレンダーのテーマは「君と過ごす、私の1年間の物語」。目標である「映画俳優として活躍すること」に焦点を置いた企画で、兵頭が演じる「“彼”との1年間の物語」というストーリー仕立てのカレンダーを製作。月をめくるごとに、“彼”と“私”のストーリーが展開していき、また写真だけではなく、カレンダー内に記載されているQRコードを読み取ることで、兵頭が演じる“彼”を“私目線”で記録したオリジナルムービーを視聴できる。

 「ある日突然目の前に現れた“彼”は、なんだか放っておけない子犬系男子。理由もなく、一緒に暮らすことになったけど…」というカレンダーのストーリーにそって、子犬っぽさを感じさせるかわいらしい表情から、ふと憂いを感じさせる大人な表情まで、兵頭の新たな一面を引き出したカレンダーに仕上がった。当たり前の日常が、兵頭演じる“彼”と一緒だとどう変化していくのか。「朝、目が覚めて“おはよう”のあいさつをする」「2人で外に出かける」「けんかをする」そんな日常を基にした12ヶ月分のシチュエーションがたくさん詰まっている。

 この表情は兵頭自身のものなのか、または“彼”として演じた表情なのか…と、見る人がオリジナルの解釈を楽しむことができる一冊となった。

 カレンダーは、4日から、直筆サインなどの特典付きで予約受付がスタート。また、発売を記念して、3月21日には兵頭にとって初となる「オンライン個別お話し会」の開催も決定。4月18日には、東京・HMV&BOOKS SHIBUYAで、対面式の特典会の開催も予定している。

■兵頭功海コメント
 この度、去年に続いてカレンダーを出させていただくことになりました。いつも応援してくださる皆様のおかげです。ありがとうございます。今回のカレンダーは、自分が演じる“彼”と出会ってからの1年間を描いています。兵頭功海なのですが、兵頭功海ではないような、そんな“彼”と過ごした1年を楽しんでいただければと思います。また、ムービーもあって、あなた目線の“彼”が生きている姿を観られるようになっています。渾身の作品なので、ぜひ楽しみにしていただきたいです。