テレビ東京・ドラマParavi枠で放送中の『おじさまと猫』(毎週水曜 深0:58)に新たな猫が登場。神木隆之介が声を務める主人公・神田(草刈正雄)の愛猫・ふくまるとそっくりな猫・マリンの声役で松本穂香が出演する。

【写真】『おじさまと猫』第5話(2月3日放送)より

 マリンは、17日放送の第7話から登場。日比野(平山浩行)が母親(朝加真由美)から引き取ることになる。日比野とマリンの心癒されるやりとりも必見。ふくまるとマリンの隠された関係も明らかに!?

■松本穂香のコメント
 アニメの中で声優さんのお仕事をさせてもらった事はあったのですが、今回はドラマの中で声優さんをやらせてもらうということで、すごくびっくりしました! 

 私が声を演じさせていただくマリンは悲しい過去がありながらも信じることをあきらめず、とても素直で、心がたくましい猫ちゃんです。猫が甘えた時に出すぐるぐるという音だったり、ご飯を食べる時のガツガツとした感じだったり、声のみでの出演はわからないことだらけだったので少し難しかったですが、楽しくやらせていただきました。

 日本ではお金を出すことで簡単にペットを飼えてしまうので、その分簡単に捨ててしまう方が多いように思います。今回のお話の中でもそういった悲しい現実が描かれていました。そもそも、ペットを飼うという考え方ではなく、新しい家族として迎えるべき存在だと思っているので、今回のこのドラマでより多くの方にそういったことを知ってもらえる機会になればいいなと思います。

 また、このドラマはおじさまと猫たちのほっこりしたやりとりに癒されます。草刈正雄さんの優しい雰囲気とブチャかわのふくまる。段々と心を開いていくふくまるの変化にも注目してほしいです!

■第5話(2月3日放送)
 ふくまる(声:神木隆之介)のおかげで、音楽教室の子供達にも大人気の神田(草刈正雄)。レッスン後、森山(小関裕太)と話していると、なぜ神田が生き物を触れなくなったのかが明らかになる…。そして帰宅途中、小林(升毅)に遭遇し、猫グッズが並ぶ雑貨屋に入ると、すっかり猫好きになった神田は次々と猫グッズを購入する。ところが、ふと目に入ったマグカップから、かつて妻・鈴音(高橋ひとみ)とこの雑貨屋を訪れた時のことを思い出す…。