人気ラブコメ漫画『五等分の花嫁』の作者・春場ねぎ氏の新連載『戦隊大失格』が、3日発売の『週刊少年マガジン』(講談社)10号にてスタートした。『五等分の花嫁』では5つ子のヒロインを描いていたが、新連載は5人の戦隊ヒーローを描く。表紙と巻頭カラーを飾り、キャッチコピーは「“正義が勝つ”なんて、誰が決めた!?」。

【画像】ムチムチボディの5つ子たち…『五等分の花嫁』キャラが戦隊衣装でポーズ!

 『戦隊大失格』は、13年前に突如、悪の軍団“怪人”が地上1万メートル上空に巨大浮遊城を率いて現れ、人類への侵略を開始する。怪人たちは、不死身の再生能力を用いて人類を脅かす。そんな怪人たちから人類を守るべく、“竜神戦隊ドラゴンキーパー”は不思議な力を持つ武器“神具”を用いて抗い続けていた。攻める怪人! 守るドラゴンキーパー! 悪の軍団による世界征服の行方は…。空前絶後の戦隊アクションが描かれる。

 また、連載開始を記念して、特製クリアファイルが応募者全員にプレゼントされる企画が同誌で展開されている。

 春場氏の代表作となった『五等分の花嫁』は、貧乏生活を送る主人公の男子高校生・風太郎が、あるきっかけで落第寸前の個性豊かな五つ子のヒロインたち(一花、二乃、三玖、四葉、五月)の家庭教師となり、彼女たちを無事卒業まで導くべく奮闘するラブコメディー。『週刊少年マガジン』にて2017年8月より連載スタートし、昨年2月に完結。テレビアニメ第1期が2019年1月~3月にかけて放送され、現在第2期が放送されている。