シンガー・ソングライターあいみょんの新曲「桜が降る夜は」が、14日からスタートするABEMAの恋愛リアリティーショー『恋とオオカミには騙されない』の主題歌に起用され、17日に配信リリースされることが決定した。あわせて新ビジュアル、ジャケット写真、楽曲の一部が視聴できる“very short movie”、『恋とオオカミ~』トレーラー映像が一挙公開された。

【動画】「桜が降る夜は」very short movie、『オオカミ』最新トレーラーも

 新曲「桜が降る夜は」は、“桜”が舞う夜に好きな相手のことを思い浮かべながら、抑えきれない恋心をありのままに表現した恋愛ソング。相手をまっすぐに想う気持ちが詰まった歌詞が、『恋とオオカミには騙されない』出演メンバーのひたむきな恋愛模様とリンクし、番組を盛り上げる。

 あいみょんは同曲について「こんな歌詞が、こんな想いが自分の身体の中にまだあったのかと、改めて思いながらちょっと胸がくすぐったくなりました。どうしてか分からないけど、そんな自分も残したいって日々思います」とコメントしている。

 楽曲の配信に先駆け、きょう3日放送のTOKYO FM系『SCHOOL OF LOCK!』内でフル尺音源が初オンエアされる。

■あいみょんコメント
レコーディング中、こんな歌詞が、こんな想いが自分の身体の中にまだあったのかと、改めて思いながらちょっと胸がくすぐったくなりました。
どうしてか分からないけど、そんな自分も残したいって日々思います。
恋心はゆっくり歳を取るのかもしれないです...。
そんなくすぐったい曲が今必要な人に届いてもらえれば嬉しいです。
そして「恋とオオカミには騙されない」の主題歌としても流れます。
さまざまな色に染まってゆく男女の物語とこの楽曲がどう合わさるのか。
楽しみにしてもらえたらと思います。