テレビ東京系で放送中のテレビアニメ『ブラッククローバー』(毎週火曜 後6:25~)が、3月30日放送の第170話をもって最終回を迎えることが2日、発表された。2017年10月から3年半ノンストップで放送され続けてきたが、原作漫画は連載中であるため一旦の区切りとなる。

【写真】爽やかイケメン声優!アスタ役の梶原岳人

 最終回では重大発表があり、放送前の午後6時からは出演キャスト陣・梶原岳人(アスタ役)、島崎信長(ユノ役)、諏訪部順一(ヤミ・スケヒロ役)、優木かな(ノエル・シルヴァ役)による最終回記念特番がYouTubeにて配信。アニメ放送3年半を振り返った内容になり、ほかの出演者は追って発表される。

 今回の採取会発表にアスタ役の梶原岳は「ブラクロの収録のある毎日が僕の日常になっていたのでここで一旦の区切り、となるのはとても寂しいです。でも! アスタたちの物語はまだまだ続いているので! きっとまたみなさんの前に現れて、うるさいくらいの大声を聞かせてくれると信じています!」と放送終了を惜しんでいる。

 同アニメは、『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載中の同名漫画が原作で、コミックスのシリーズ累計1100万部を超える人気作品。魔法がすべての世界で、魔法が使えない少年アスタとライバルのユノが、魔道士の頂点“魔法帝”を目指す、冒険と成長を描いた創成魔法ファンタジー。