セガは2日、米国子会社であるセガ・オブ・アメリカが人気ゲームシリーズ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の新作アニメシリーズ『SONIC PRIME(以下、ソニックプライム)』を、Netflixおよびカナダのメディア企業WildBrainと共同制作することに合意したと発表した。2022年、Netflix にて全世界に向け配信される予定。

【動画】映画『ソニック』中川大志が“一人全役”野球シーン

 本シリーズは、超音速のハリネズミ「ソニック」が新たな冒険を繰り広げる全編新作で全24話を予定。ゲームや過去のアニメシリーズに親しんだソニックファンはもちろん、子どもから大人まで家族で楽しめる作品として制作します。セガとWildBrainが共同で制作・配給・ライセンスを担当し、アニメーション制作はWildBrain のバンクーバースタジオで行われる。

 さらに、アカデミー賞を受賞した『ベイマックス』や『ベン10』で知られる米国クリエイターズスタジオMan of Action Entertainmentが本シリーズのショーランナー(現場責任者)およびエグゼクティブプロデューサーとして参加することも決定した。

 『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』は、1991年にメガドライブ(米国ではGenesis)用ゲームソフトとして発売され、今年2021年はソニック誕生から30周年を迎える。シリーズの累計本数はパッケージ・デジタルダウンロードを合わせ現在までに11.4 億本/ダウンロードを突破し、2020年には、映画『ソニック・ザ・ムービー』が全米興行収入1億4600 万ドルを超え、ゲーム原作映画として史上最高興行収入を記録した。セガサミーホールディングスとパラマウント・ピクチャーズは、同作の続編を開発中であることを発表している。