人気グループ・Snow Manが主演を務めた映画『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』が20日から3月4日まで、東京・新橋演舞場にて『大ヒット感謝祭in新橋演舞場』と題して特別上映されることがわかった。

【写真】Snow Man大喜び!氷でできた雪だるま

 今作はジャニー喜多川氏が企画・構成・総合演出を務め、2006年に『滝沢演舞城』として始まって以来、支持されてきた『滝沢歌舞伎』が2019年に『滝沢歌舞伎ZERO』の名前で、演出・滝沢秀明、主演・Snow Manのもと一新。昨年初の映画化となった。

 滝沢による初監督作品として、新橋演舞場、南座、御園座で特別上映後、全国の映画館(191館)で公開され12月4日の初日には平日にもかかわらず約1.6億円を突破する大入りを果たし、現在、動員数約63.5万人、興行収入は約19億円(1月29日時点)を記録している。

 昨年の新橋演舞場での特別上映は10月4日から7日まで、わずか4日間のみの限られた期間だったが、今回は13日間にわたり上映される。「Snow Manが舞った場所、そして彼らがこの映画を始めて観た新橋演舞場で私も観てみたい」という観客からの声に応え、前回と同様、劇場ならではの仕掛けを施しつつ、コロナの状況を踏まえ、座席は収容率50%での上映を予定している。