30日付で吉本興業とのマネジメント契約を終了した相方の西野亮廣(40)が1月31日、ボイスメディア『Voicy』の「西野亮廣エンタメ研究所」を更新。今回の退社に関する真相から、今後について語った。

【動画】相方である西野亮廣の退社と自身の今後を語ったカジサック

 西野は「正直にお話ししたいと思います」と切り出すと「まず、お伝えしておきたいのは、僕と吉本興業との間で揉め事は一切ございません。もちろん、事務所とかマネージャーにブチギレることはありますよ。ふざけた仕事をしたら怒ります。ただ、このタイミングで、マネージャーとのLINEをSNSに出しちゃったのは良くなかったな」と反省。「マネージャーには『変な感じになっちゃってごめんな』って謝って、今度飲みに行く約束もしています。退社の理由はそんなことじゃない」と明かした。

 その上で「ある時から、僕の仕事って、いわゆるタレントさんのお仕事とは違っていて、海外に学校、絵本、映画を作るのがメインになってきたんです。メディアに露出することが活動の軸にない、そもそもそんな才能ないですし。だから、個展なんかも自分たちで予算を出して、吉本興業と一緒にできる部分は一緒にやっていたというところですね」と説明。「これらの仕事って、実現させるまで3~4年かかったりするんです。だけど、吉本のマネージャーは1年、早ければ半年おきとかで変わってしまうんですね。仕事が大きくなればなるほど、活動内容とマネジメントの仕組みがマッチしなくなってきていたりしたんです」と語った。

 事務所とも話し合いを行う中で、外部でマネージャーを雇用するなどして、継続的なマネジメントが行われる体制作りにも努めてきた上で、今回の退社にいたったようで「大前提として、吉本興業は、お笑い芸人をサポートする会社なので、それ以外の活動をしたら、別のサポート体制が必要になってくるんですね。だから、衝突があったわけではなくて、むしろ逆で吉本興業にめちゃくちゃ理解してもらったっていう形です」とコメント。

 コンビの今後については「キングコング、梶原雄太くんのことは、まさか解散なんてしませんし、梶原くんは引き続き、吉本興業所属の芸人です。早速、きのう公式YouTubeチャンネルの収録があって、そこも吉本興業の社員に見守られていました。劇場の出番については、話し合いをしていきたいと思います。事務所退社っていう言葉が強すぎてね、あれやこれやと憶測を呼んでいますが、今話したことがすべてです。別の形で外側から恩返ししていけたらいいなと思います。マジで具体的に恩返しをしていきます」と呼びかけていた。