俳優の赤楚衛二が、上野樹里が主演するフジテレビ系“月9”ドラマ『監察医 朝顔』の第13話(2月8日)に、ゲスト出演することが30日、発表された。赤楚にとって今回が初めての月9ドラマ出演となる。

【写真】「バカップル?」おそろポーズで“デートの練習”中の町田啓太&赤楚衛二

 今作は上野を主演に、同枠初めての2クール連続放送で、法医学者と刑事という異色の父娘を描く。第13話では、朝顔(上野)たちのもとに65歳の女性の遺体が運ばれてくる。女性はいわゆる独居老人で、自宅で1人、孤独に亡くなっていた。朝顔たちが解剖を始めると、女性は両手足の指、さらには臓器までもが壊死(えし)していた。解剖の結果、女性は敗血症により亡くなったことが分かった。敗血症は、細菌などの病原体が血管内に入って体中に広がることで発症し、全身が炎症反応を起こしているような状態になる。朝顔は何が原因で女性が敗血症になったのか調べるため、女性が1人で暮らしていた集合住宅の部屋を訪れる。

 女性の部屋は一見、特に変わったところはないが、冷蔵庫を空けると、1人暮らしにしては食材の買いだめが多いように見られ、中でも肉類がふんだんに詰められていた。続いて朝顔は女性が暮らしていた部屋の隣に住む宮田市郎(赤楚)に、ここ数日で何か気付いたことはないか、話を聞きに行く。すると亡くなった女性は、「作りすぎた」と言っては料理のお裾分けを頻繁に宮田にしていたらしく、女性が亡くなる前日も宮田はハヤシライスのルーをもらったことを明かす。宮田はまだルーに手をつけておらず、朝顔は、そのルーを法医学教室に持ち帰り、調べさせて欲しいと頼み…。

 今回、亡くなった女性の隣人・宮田市郎を演じることになった赤楚。2015年より俳優として本格始動。『仮面ライダービルド』(17年)で万丈龍我/仮面ライダークローズを演じ、人気を集めると、2020年に初の単独連続ドラマ主演作となる『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京系)が大ヒット。ドラマの人気は海を越え、中国などのアジア圏を始めとする海外でも熱狂的なファンを生み出し、2021年1月に赤楚が中国語圏最大のソーシャルメディア・Weibo(微博)の公式アカウントを開設すると、中国語の喜びの声が殺到することとなった。今回の『監察医 朝顔』では、月9ドラマ初出演を果たす。第13話は、赤楚が演じる宮田市郎に朝顔が出会うことで、隣人の女性の死の裏に秘められていた、切なすぎる行動が明らかに。赤楚は、そんな物語のキーパーソンと言うべき役どころを演じる。

 また、次回放送の第12話(2月1日)では、長野県で発生したトンネル崩壊事故の対応をすることになった朝顔のかわりに、万木家でつぐみの面倒を見ていた朝顔の義姉である桑原忍(ともさかりえ)から、少し目を離した隙につぐみがいなくなってしまった、と震える声で朝顔に電話がかかってくる。朝顔とともにトンネル崩壊事故の対応にあたっていた安岡光子(志田未来)たちは、早くつぐみを探すよう朝顔を家に帰す。長野県警への異動にともない単身赴任中の桑原ととともに万木家に帰った朝顔は、忍と3人で必死につぐみの行方を探すが…。家族においても仕事においても、朝顔にとってまた新たな扉が開くことになる。

■赤楚衛二コメント
――『監察医 朝顔』に出演することになり、初めての月9ドラマともなりますが、改めて感想をお願いします。
【赤楚】ずっと見る側だった月9に出演させていただけて光栄です

――撮影はいかがでしたでしょうか?
【赤楚】上野樹里さんをはじめ、杉本哲太さん、三宅弘城さんとお芝居できてなんて贅沢(ぜいたく)な1日なのだろうかと思いました

――視聴者の皆さんへ見どころなど、メッセージをお願いします
【赤楚】近隣の人とのつながりが希薄になった1人暮らしの男の役を演じてみて人の温かみ、他人との距離感をすごく考えさせられました。短いシーンではありますが、ぜひお楽しみください

■金城綾香プロデューサーコメント
 赤楚さんとはいつかお仕事をご一緒したいと思っていました。『監察医 朝顔』にご出演いただけて、とてもうれしいです。短いシーンではありますが、細かい表情の変化でもって繊細なお芝居を見せていただきました。朝顔らと会話した後の宮田がどう感じるようになったのか、物語としては描きませんが、赤楚さんの表情が全てを物語ってくださっています。