NHKの大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)は、あす31日の第43回「闇に光る樹」と、2月7日の第44回の残り2回。本能寺の変まであと3年と迫っている。第43回の放送を前に、帰蝶役の川口春奈は「『麒麟がくる』で帰蝶の役を演じることができて、自信と誇りをもてたと同時に、この物語の中に少しでも携わることができたことは奇跡だなと思っています」と、コメントを寄せた。

【場面写真】第43回には森蘭丸が初登場

 第43回では、もはや己の言いなりにならない正親町天皇(坂東玉三郎)の譲位を強引に進めようとする織田信長(染谷将太)から、その責任者を命じられてしまう明智光秀(長谷川博己)。

 それからというもの、月にまで届く巨大な大木を切る不思議な夢に毎夜うなされるようになる。病の療治のため京にやってきた帰蝶(川口春奈)と久々に会うことができた光秀は「こんなとき斎藤道三ならどうしただろうか」と尋ねる。すると、帰蝶の口から意外な答えが返ってくる。

 この光秀と帰蝶のシーンについて、川口は「とてもせつない身の引き方となりますが、明るい未来への希望を忘れず、帰蝶らしく十兵衛に自分の思いを伝えたんだと思います。とても素敵なシーンになっていると思います」とアピール。

 「帰蝶が生きた時代は本当に激動の時代です。父・道三の思いや、自分がやらなくてはいけないという宿命を背負い、時に手段を選ばないときもありましたが、帰蝶は最後まで強い信念を持ち、かしこくてパワフルな女性だったと思います。これまで信長を支えてサポートしたり、プロデュース的なこともしてきましたが、帰蝶もただ単に『あいつを討てばよい』と言っているわけではなく、その裏側にはどのような思いがあったのか、ご覧いただいている方に最後まで伝わるとうれしいです」と、話している。