フリーアナウンサーの小川彩佳が、30日放送のMBS/TBS系『サワコの朝』(毎週土曜 前7:30)に出演。古舘伊知郎や田原総一朗との試練の日々、報道番組と育児の両立などを阿川佐和子に打ち明ける。

【番組カット】小川彩佳の多忙ぶりに阿川佐和子も驚き

 テレビ朝日に入社後は、数々の報道番組を担当し、『報道ステーション』では、メインキャスターを務める古舘伊知郎のとなりでサブキャスターを務めてきた。2019年6月にはTBS『NEWS23』のメインキャスターに就任。昨年、第1子を出産すると、わずか3ヶ月後に仕事復帰を果たした。世間を驚かせた超スピード復帰には、小川ならではの理由があった。

 時に、シャワーを浴びながら泣くこともあると吐露した小川は「なんかきょう上手くいかなかったなとか、このままで大丈夫なのかなとか…」などと葛藤しながら、報道番組と育児・家事の両立に奮闘する日々を送っていると告白。超多忙な日常に。阿川も「一大プロジェクトだねぇ!」と驚きの声を上げる。

 小川がアナウンサーを目指したのは、小学生の頃で、当時、アメリカ・ミシガン州で生活していた小川は周囲と会話をする中で「何かを伝える仕事に就きたい」と思ったという。また、過去に共演した田原総一朗、古舘との忘れられない思い出話も披露。田原と過ごす毎週日曜日の生放送は、緊張感しかない2時間だったそうで「毎週、頭がクラクラしていましたし、お腹も痛かった」と回顧。そんな田原に認められるきっかけとなったある事件、そして、「毎日が試練だった」という古舘とのエピソードも飛び出す。