女優の深川麻衣が29日、都内で行われた映画『おもいで写眞』初日舞台あいさつに登壇。MCから「乃木坂46を卒業されて、事務所の周年記念の映画で主演された思いは?」と向けられると「事務所の25周年記念で作る映画に、出させていただけること自体うれしいのに、まさか主演という大役を任せていただいて。自分でいいのかなというプレッシャーがなかったといったらウソになりますし、入籍して…じゃない、移籍して」と盛大な言い間違いをしてしまい、顔を赤らめた。

【動画】深川麻衣、移籍と入籍を言い間違えて赤面「入籍してないです!」

 深川は恥ずかしそうに笑みを浮かべつつも「お芝居の仕事がしたくて(事務所を)移籍して、5年目で、事務所の記念の作品に出させていただけてうれしいです。頼もしい先輩が近くで見守っていてくれて、ガッツリ一緒にお芝居できることが、自分にとっては幸せ豊かでぜいたくでした。私にとっても20代最後の作品となるので、この先振り返った時に、きっと今の自分を鮮明に思い出せるものになりました」と見事に軌道修正をした。

 この日の舞台あいさつでは、来月の節分に先がけて豆まきをすることになり、それぞれが「呼び寄せたい福」を話す流れに。深川は「じゃんけんがそんなに強くないので、じゃんけんが強くなりたいです。いろんな番組とかでもあったりしますし、勝負運の強さでもありますので」と切り出すと、ともに登壇していた高良健吾、香里奈と公開でじゃんけんを行い、見事に連勝。勝負運に自信をつけた深川だったが、熊澤尚人監督に負けてしまうと、天を仰ぎながら「やっぱり、監督には勝てませんでした」と話していた。

 原作は、メガホンをとった熊澤尚人監督が「人が生きる豊かさと年を重ねる美しさ」を紡いだ同名の小説。深川が演じる結子は、東京でメイクアップアーティストを目指すが、頑固な性格が災いして、仕事をクビになってしまう。その中で、母の代わりに育ててくれた大切な祖母が亡くなった知らせが届き、後悔にさいなまれ、故郷へ戻ることを決断。幼なじみの一郎(高良健吾)から、「遺影」撮影の仕事を頼まれ、和子(吉行和子)との出会いからそれぞれの思い出あふれる場所で写真を撮る「おもいで写真」を撮り始める。