俳優の松坂桃李が「ハロー!プロジェクト」のアイドルにのめり込む“ハロプロオタク”で主演する映画『あの頃。』(2月19日公開)から、松坂演じる劔(つるぎ)がハロヲタに覚醒する特別動画が27日、解禁になった。

【動画】松坂桃李、ハロヲタに!『あの頃。』特別映像

 本作は、神聖かまってちゃんの元マネージャー・劔樹人氏によるハロプロの熱い愛と、大切な仲間たちとの出会いと別れを描いた自伝的青春コミックエッセイ『あの頃。男子かしまし物語』が原作。アイドルにのめり込んでいく主人公・劔(つるぎ)を松坂が演じ、金なし、彼女なしのどん底生活を送りながら、松浦亜弥のMVを見たきっかけにアイドルにドハマり。やがて仲間たちと共に遅れてきた青春の日々をおうかしていく。

 今回、自身初のオタク役を演じる松坂。地元中学の2学年先輩に松浦がいたという松坂は、最初にオファーを受けたとき、監督や共演者、台本を確認する前に二つ返事で「やりましょう」と快諾したという。

 映像では、“推し”松浦のはちまきを巻き、その魅力を熱弁する姿、雄たけびを上げながらサイリウムを振ったり、真剣な面持ちでハロプロの楽曲を熱唱。さらに「いつも見てます」「ずっと好きです」「ずっと応援してます」と一心不乱に愛を語る姿も盛り込まれている。