テレビ朝日系で16日に放送される特番『発進!ミライクリエイター』(後9:55~10:55)では、夢のようで、もはや夢じゃないワクワクするような「ミライプラン」が明らかになる。番組は、サンドウィッチマン(伊達みきお・富澤たけし)の司会のもと、《20代のミライクリエイター》たちの超大胆な「ミライプラン」のプレゼンテーションを受け、世界で活躍している《各界のトップランナー》3人のアドバイスを融合させながら、より具体的な《実行計画》を練っていく。

【写真】ミライクリエーターの村木風海氏、 仁禮彩香氏

 若き次世代の担い手たちと“未来”について語り合う《トップランナー》は、国立競技場の設計に携わった建築家・隈研吾、カンヌ国際映画祭グランプリをはじめ数々の映画賞を獲得した 映画監督・河瀬直美、東洋人で初めてニューヨーク・ブロードウェイの舞台を手掛けた演出家・宮本亞門。

 《20代のミライクリエイター》の一人目は、サンドウィッチマンの富澤たけしが「いきなりとんでもない天才が現れたぞ!」 と賞賛した、20歳の東大生発明家・村木風海氏(東京大学CRRA炭素回収技術研究機構機構長)。地球温暖化を止めて全人類77億人を救うため、すでに(秘)マシンも開発して動き始めているという彼の《もうひとつの「ミライプラン」》 が「人類初の火星人になること」。《ウソみたいな火星への行き方》をはじめ、彼の《人知を超えた火星移住プラン》は実に細部まで研究されていて、トップランなー陣の一人も「実現度200%」と太鼓判を押したほど。

 「これだけのことをやろうとしたら、テロリストに狙われる確率が上がる」(隈)、「人類史に載る でしょ!」(河瀬)、「変人だから素晴らしい。最っ高! 興奮してきた」(宮本)と、最高の褒め言葉を連発。はたして、村木さんが遅くとも(!)2045年の実現を見据えて今まさに組み立てている、SF映画もビックリの「ミライプラン」の実態とは…。

 二人目は、中2で起業し、高1で母校を買収した23歳の女子大生実業家・仁禮彩香氏(慶應大学株式会社タイムリープ 代表取締役)。隈も「日本の学校ほどヤバイところはない」と危惧する現在の教育制度に、物申すミライクリエイターだ。現在、新たな教育事業も展開している仁禮氏の「ミライプラン」は、「2023年までに《新しい小学校》を作ること」。実はこの《新しい小学校》には、日本の教育制度をことごとく覆すアイデアが詰まっている。

 すべてを“決められた型”にはめようとする既存の教育制度を打開し、子どもたちの才能を自由自在かつ実践的に伸ばしていくことを視野に入れた仁禮氏のミライプラン。世界を変える人材がもっと日本から生まれてくるかもしれない…そんな期待が確信になるプランは、一聴の価値アリだ。

■詳しくは公式サイト
https://www.tv-asahi.co.jp/mirai_tvasahi/