人気グループ・EXILE/三代目 J SOUL BROTHERSの岩田剛典と、俳優の新田真剣佑が共演する映画『名も無き世界のエンドロール』(29日公開)の本編映像が14日、解禁になった。

【動画】裏社会の交渉屋として暗躍するキダの本編映像

 原作は、2012年に『第25回小説すばる新人賞』を受賞した行成薫氏の小説。お互いに親がいない岩田演じるキダと、新田演じるマコトは少年期に出会い、そこに同じ境遇の転校生・ヨッチ(山田杏奈)も交わり、支え合いながら平和に暮らしていた。しかし、20歳のときに起こった“ある事件”をきっかけに、彼らの人生は大きく狂い始める。キダは裏の社会、マコトは表の社会で、10年もの時をかけ、社会の底辺から必死にのし上がっていく。異なる世界に身を置く2人が、命がけで仕掛けるたくらみと、その結末に胸を打たれる衝撃のエンドロールが紡がれる。

 解禁された映像は、裏社会の交渉屋として暗躍する主人公・キダの姿を捉えたもの。ある計画のため、マコトは住む世界の違う女性・リサ(中村アン)に近づくために、彼女とその恋人を別れさせてほしいとキダに依頼する。

 キダは、リサの恋人の部屋に忍び込み、ジャン・レノをイメージして役作りをしたという岩田の低く響く「おかえり」という声で、男を恐怖に陥れる。そして、別れることを男が拒否すると銃を額に突きつけ「殺すかどうかも視野に入れて交渉しなくちゃいけなくなる…」と、さわやかなイメージの岩田からは想像もつかないような冷淡で殺気を帯びた表情を見せている。