最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『第32回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の表彰式が14日、都内で行われ、10代部門に女優の森七菜(19)、20代部門は新木優子(27)、30代部門は戸田恵梨香(32)らが選出された。

【個別ショット】戸田恵梨香、新木優子らが豪華ドレス姿で登場!

 白と黒のシックなドレス姿を披露した森は「まだ19歳なので、初めて身につけたジュエリーは、去年の誕生日にお母さんがくれたモノです。今でも大事に特別な時に付けるようにしています」と初々しいエピソードを披露し「ジュエリーを付けると背筋が伸びて、すごく特別なモノ。これからも胸を張って、ジュエリーをたくさん付けれるよう頑張りたい」と話した。

 真っ赤なドレス姿でイベントに華を添えた新木は「物心付いていた時からキラキラしたモノが好きでした。二十歳の時に自分のご褒美として買ったジュエリーは、今でも初心を思い出すような宝物のような存在です」と“ジュエリー愛”を熱弁しながら「ジュエリーの魅力も、自分の魅力も引き出せる女性になりたい」と今後の飛躍を誓った。

 また、昨年12月に俳優の松坂桃李(32)と電撃婚した戸田は、黒のドレス姿で登壇すると「私の初めてジュエリーは、両親がプレゼントしてくれたパールのネックレス。私にとってそれはお守りのような存在で、大事な時に身につけるようにしています」と笑顔で語り「このジュエリーのように輝けるよう、精進してきます」と言葉に力を込めていた。

 そのほか、40代部門は小池栄子(40)、50代部門は斉藤由貴(54)、60代部門は田中美佐子(61)、男性部門は横浜流星(24)、特別賞は内田篤人氏(32)が受賞した。