『犬夜叉』の新たな物語を描くテレビアニメ『半妖の夜叉姫』(読売テレビ・日本テレビ系 土曜 後5:30~)の第15話場面カットが公開された。犬夜叉とかごめは今どこにいるのか、とわとせつなの母親は誰なのか、とわとせつなはなぜ虹色真珠を持っているのか、虹色真珠とは一体何なのか…ついに、犬夜叉や殺生丸たちの過去が判明する。

【画像】その手は誰だ?赤ん坊姿のとわ&せつなを掴む謎キャラ

 第15話は、とわとせつな、もろはの父母の殺生丸たちや犬夜叉とかごめに何があったのか…を理玖が語り出す。それは18年前、二代目宝仙鬼が犬夜叉に黒真珠を届けた日から始まった。その4年後、とわとせつなの姉妹が生まれる。しかし、殺生丸は双子を連れ去ると結界に封じて隠してしまう。双子の命を狙う者がいるからだ。半妖を嫌う者の名は是露、麒麟丸の姉だった。それは、麒麟丸を倒すのは人間でもなく妖怪でもない存在だと予言されていたからであった。

 『半妖の夜叉姫』は、『犬夜叉』の登場キャラクターである殺生丸と犬夜叉の娘たちをメインにしたオリジナルストーリー。殺生丸の娘で令和の時代に生きる14歳の女子中学生・とわ、妖怪退治をなりわいにしているとわの双子の妹・せつな、賞金稼ぎでかごめと犬夜叉の娘・もろは、“妖怪と人間の血を引く半妖の少女たち”の物語が展開される。

■キャスト情報
日暮とわ:松本沙羅
せつな:小松未可子
もろは:田所あずさ
琥珀:木村良平
翡翠:浦尾岳大
竹千代:ファイルーズあい