女優の武田梨奈、占い師・ゲッターズ飯田の弟子・ぷりあでぃす玲奈が13日、オンラインで開催された『ひらけ、明るい未来へ。OPEN SAGASAKE』キャンペーンPRイベントに参加した。

【動画】武田梨奈、「単発的な大抜擢がある」2021年の運勢をぷりあでぃす玲奈が大予想

 佐賀県の日本酒「佐賀酒」(さがさけ)の魅力を発信するキャンペーン。佐賀酒を飲んで“明るい未来がひらけますように”という「大願成就」のテーマのもと、蔵元が団結し、「2021 OPEN SAGASAKE」限定ボトルを発売する。「2021“大願成就”メッセージ」リーフレットを監修し、3月6日に実施するオンラインイベントに出演するぷりあでぃすが、この日は山口祥義佐賀県知事と武田の今年の運勢を見ることになった。

 山口知事について、ぷりあでぃすは「斬新なチャレンジや意外なところでのコラボレーションなど新たな楽しみ見つかる1年」と占った。これまで『ロマンシング・サガ』『おそ松さん』『ゾンビランドサガ』『ストリートファイターII』『ユーリ!!! on ICE』などと、佐賀県はコラボしており、山口知事は「簡単に言うとコラボをもっとやっていいということですかね?」とニヤリ。お墨付きをもらい、胸が高鳴っているようだった。一方の武田については「苦手だなと思って避けてきたことで愛されたり、認められるかも。依頼は全て引き受ける方がいいかも」とした。武田は「苦手意識が強く出ちゃうタイプなので、それをポジティブに変えてやっていけたら」と、こちらも前向きに語っていた。

 また、武田は“呑兵衛女子”村崎ワカコ(26歳)が、さまざまな酒場をさすらい、独り呑みの楽しみを満喫する姿を描くBSテレ東のドラマ『ワカコ酒』でワカコを好演。昨年末には2夜連続で放送された。山口知事は「武田梨奈さんは本当に飲むらしい。去年の10月に、ゆきぽよさんと同じようなセッションをやって彼女も激しく飲んでいたけど、『ワカコ酒』も本気で飲んでるんじゃないですか?」と質問をぶつけた。すると武田は「そうなんです。実際に本物のお酒を。撮影の時は、朝の7時から夜まで飲みます」と笑顔で裏話を披露。続けて「ドラマや映画の撮影の時は肌荒れしてきたりするのですが『ワカコ酒』はおいしい日本酒をいただいているからか、血行がよくなって肌荒れしないんです」と秘密を明かしていた。

 その後、佐賀にいる山口知事と画面越しで乾杯。武田は「すごく香りがよくて、飲んでみたら深い味わいでおいしいですね」と笑顔で昼酒を満喫していた。