俳優の菅田将暉(27)と女優の有村架純(27)が12日、都内で行われた映画『花束みたいな恋をした』(29日公開)完成報告イベントに出席した。

【動画】「花束占い」の結果にドキドキする菅田将暉&有村架純

 この日は、映画のタイトルにちなんでお互いに贈りたい花束を選ぶことで、深層心理に迫る「花束占い」を実施。菅田は、とても信頼している存在というオレンジのラナンキュラスを選択。有村は、励ましたいという紫色のヒヤシンスだった。この結果を受けて菅田は「当たってます!」といい、有村も「一緒に作品を作った同士ですからうれしいですね」と満足気な様子。

 有村が菅田のことを「励ましたい」という結果になったことから、菅田は「たしかに、会う度に励ましてくれる。『今何やってるの? そうなんだ、頑張って!』って」とお姉さん気質があると語った。有村は「しっかりしている人ほど心配になりますよね。ちゃんと『疲れた』と言ってるかなって」と真面目な菅田の性格を理解した上で、言葉を投げかけていると明かしていた。

 本作は、『東京ラブストーリー』(1991年)、『Mother』(10年)、『最高の離婚』(13年)など多くの連続ドラマを手掛けている脚本家・坂元裕二氏が“2020年の東京”を舞台に書き下ろしたオリジナルラブストーリー。

 菅田演じる山音麦(やまね・むぎ)と有村演じる八谷絹(はちや・きぬ)は、明大前駅で終電を逃したことで偶然出会った大学生。好きな音楽や映画がほとんど同じで、恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同せいを始める。拾った猫に2人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店してもスマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に就職活動を続けるが──。ずっと一緒にいたいと願い続けた麦と絹が過ごした“最高の5年間”が描かれる。

 この日は、土井裕泰監督(56)も登壇した。