お笑いコンビ・エイトブリッジの篠栗たかし(34)が、新型コロナウイルスに感染したことを12日、所属するナチュラルエイトが公式サイトで発表した。相方の別府ともひこ(30)は濃厚接触者に該当し、PCR検査の結果を待っている。

エイトブリッジのプロフィール

 サイトでは「1月7日深夜、篠栗に発熱と喉の痛みが出た為、抗原検査を受けたところ、陽性と確認されました。現在は自宅にて療養中です」と報告。現在は軽症だが「今後も保健所、医療機関等の指導の下、治療に専念してまいります」と伝えた。

 ファンや関係者に謝罪し「弊社としましても、本人の回復に努めるとともに、関係者の皆様、所属タレント、社員の安全確保を最優先に、引き続き新型コロナウィルス感染予防、拡大防止に努めてまいります」としている。

 エイトブリッジは、2020年元日に放送された日本テレビ系『ぐるナイ おもしろ荘』で優勝。くりぃむしちゅー、マツコ・デラックス、有働由美子らが所属しているナチュラルエイトが10年ぶりに迎えた新人芸人で、別府が有田哲平、篠栗が上田晋也の運転手を務めていた。