俳優の藤原竜也主演を務めるカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―』(毎週火曜 後9:00)がきょう12日よりスタート。クールで毒舌、元は捜査一課の敏腕刑事でありながら問題だらけの中学に就任する学校内警察(スクールポリス)・嶋田隆平を演じる藤原は、初回から展開されるアクションシーンについて「全編通して、非常に面白くなっていると思います」と自信をみせている。

【写真】藤原竜也が生徒を守る!決意に満ちた表情のポスタービジュアル

 同ドラマは、スクールポリスが試験的に導入されたという設定のもと、公立赤嶺中学校に配属された嶋田が、校内外で起こるさまざまな問題に立ち向かう学園エンターテインメント。学校内に警察官がいる異常な状況に浅村涼子(真木よう子)ら教師陣から反発を受けながらも、嶋田は想像を絶する解決方法でトラブルを対処していく。

 藤原は「“スクールポリス”という制度を知らなかったんですが、撮影を重ねていくうちに非常に興味深いテーマだと感じて、自分も学びながら演じさせていただきました。面白い、画期的なドラマを作らせてもらったなという印象だった」と手応えをにじませる。

 普段、映画で活躍しているアクションチームを呼んで、派手なアクションを繰り広げているが「アクションが見どころというか爽快に観られるシーンになっていると思います。ストーリーと合わせてアクションも見てほしいです」と紹介。「ここまでアクションで体のぶつかり合いがあると思っていなかったので、爽快感があると思います」とアピールした。

 そして、「警察のエンターテインメント作品としても見ていただけますが、悩んでいる子供たちの救いになる作品になっていればいいなとも思います。そのような言葉やシーンがたくさんありますからね。エンターテインメント作品である一方、『頑張らなくていいんだ』とか、背中を押してあげられるドラマになってくれたらいいなと思います」と作品に込めた想いを明かしている。