女優の浜辺美波(20)が9日、自身のインスタグラムを更新。10年前の2011年1月9日に第7回「東宝シンデレラ」オーディションでニュー・ジェネレーション賞を受賞したときの写真を投稿した。

【写真】「もう出来上がってる」と反響…10年前の浜辺美波

 浜辺は「みなさん寒い日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか??」とファンの体調を気遣いながら、当時を振り返ると「私は『明るくて優しい女優さんになりたい』と言っていました。今になってその夢は、簡単なようで難しいことだと感じます。子供の頃よりも1つ1つの出来事を深刻に受け止めてしまって、どうしようと悩んで暗くなってしまったり、自分に対して嫌になって、どうしても落ち込んでしまう日があります」とスピーチしたことを明かし10周年を迎えた現在の気持ちを吐露。

 続けて「女優さんとしても1人の女性としても常に明るく優しくいることって本当に難しいです。でもそんな周りの先輩方はとても素敵です」といい「だからこそ私は『明るくて優しい女優さんになりたい』と今よりも遥かに真っ直ぐにそういったあのときの自分に胸を張れる人になりたいです。日々に追われるうちに、うっかり忘れてしまうくらい抽象的な夢ですかが、そんな人になりたいです。今日で10歳からお仕事初めて10年、お仕事をさせていただいている年齢のほうが長くなるのですかね?ありがたいことです。これからも10年何があるかわかりませんが…どうぞよろしくお願い致します!!」と結び、さらなる飛躍を誓った。

 フォロワーからは「この頃からかわいいしもう出来上がってる」「かわいすぎる!」「とても素敵な考えだと思います」「これからもずっと応援しています!」など、温かいコメントが多く寄せられている。