女優の綾瀬はるか、俳優の高橋一生、柄本佑、北村一輝が10日、東京・阿佐ヶ谷神明宮で行われたTBS系日曜劇場『天国と地獄~サイコな2人~』(17日スタート 毎週日曜 後9:00)の制作発表会見に出席した。

【全身カット】艶やかな着物姿の綾瀬はるか

 同ドラマは『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)や『義母と娘のブルース』(18年)など綾瀬とのタッグで話題作を生み出してきた森下佳子氏によるオリジナル作品。綾瀬か演じる警視庁捜査第一課の刑事・望月彩子とサイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋)の魂が入れ替わってしまう、究極の“入れ替わりエンターテインメント”が描かれる。

 本作でのお気に入り演技を聞かれた綾瀬は「普段はしない上目づかいを、北村さんや佑くんにやって、楽しんでいるというか(笑)。最初は難しいなと思っていたのですが、だんだんこういう感じかと楽しめるようになりました」と自信を見せた。

 さらに、男性陣3人の印象について質問を受けた綾瀬。「高橋さんは趣味が多くて、探究心もすごい。物知りですよね(笑)」といい、柄本に対しては「10代のときに共演しているから仲間意識が強いです。同世代で、ゆるくて親戚みたいな感じになります」とニッコリ。北村については「以前、ご一緒したこともあり、お父さんと言うか、懐に入って寄りかかりたい。褒めてくださるので自信になります」と回答。すると、北村は「ドキドキするとかないのかあ~」と落ち込む様子を見せ、会場を笑いに包んだ。