5日にプロ野球・ヤクルトの高橋奎二(けいじ)投手(23)と結婚したことを報告した元AKB48で歌手の板野友美(29)が10日放送のTBS『アッコにおまかせ!』(毎週日曜 前11:45)に生出演。結婚を生報告した。

【写真】板野友美とぎゅっと寄り添った写真とともに祝福の言葉を綴った松井珠理奈

 同番組には、10数年ぶりの出演という。冒頭で和田アキ子から「今は新婚さんです」と祝福されると板野は笑顔。結婚についてのVTRの途中では結婚指輪のお値段を聞かれるむちゃぶりもあったが板野は「値段より気持ちです」とにこやかに交わしていた。

 その後、スタジオトーク。改めて祝福されると「ありがとうございます」とほほえんだ。「出会いは私の一般の友だちとご飯に行こうなったときに、その友だちが彼とも知り合いで『呼んでいい?』ということで。最初は紹介というか『みんなでご飯を食べよう』と。2019年なのでコロナとかもなかったので」と口にした。そして「最初は6個下なので本当に『かわいいな』という感じで恋愛対象じゃなかった」とファーストインプレッションを振り返るが「私のソロの楽曲も知ってたりしていて『ライブに来る?』と。出会ってから1ヶ月後ぐらい後の私のライブに来てくれて、そこから親しくなった」となれ初めを語っていた。

 また、高橋投手は左のエースとして将来を期待されている。ただ、昨シーズンは成績が振るわなかった。芸能界有数のヤクルトファンの出川哲朗は「将来のヤクルトの左のエース候補なんですけど、去年は1勝。奥さん、頼むよ! お尻を叩いてあげて」と懇願し、板野は「頑張ってほしいです。頑張って、ご飯を作ります」と内助の功を約束していた。

 板野は5日に自身のインスタグラムを更新し、結婚したことを報告。「彼の少年のような無邪気で素直な人柄やいつも飾らず、直球で伝えてくれるところ、どんな時も真剣に向き合ってくれる姿に自然とこの先も彼のそばにいたいと感じるようになりました」と明かし「そしてお互い、何にも変えられない心の支えとなっておりました」と思いを記した。