安井謙太郎、真田佑馬、諸星翔希、森田美勇人、萩谷慧悟、阿部顕嵐、長妻怜央によるクリエイティブチーム・7ORDER。結成から1年半を経て今年、日本コロムビアとタッグのもと、1stアルバム『ONE』とLIVE Blu-ray・DVD『UNORDER』を13日にリリースする。さらに同日から自身初となる東京・日本武道館でのワンマンライブ開催も控えている。飛躍への期待高まる7人に、ORICON NEWSは昨年12月に動画インタビューを敢行。アーティストモード全開で真剣に作品への想いを明かしてくれたり、来年のやりたいことは「みんなで旅行!」と掲げたり、脱線に継ぐ脱線(!?)で終始、にぎやかな彼ら。今年もさまざまな表情を魅せてくれそうな7ORDERによる座談会の一部を記事で公開する。

【動画】7ORDERインタビューの模様 初アルバム&武道館直前の秘話満載!

――まずはアルバム『ONE』リリースおめでとうございます!

【安井】「初めて(CDを)流通に出すのでワクワクドキドキ。いろんな気持ちがあります」
【萩谷】「ファーストアルバムなので“ONE”。僕らの“最初”のアルバムという意味です」
【阿部】「(これまでの楽曲が)バラバラだからこそ、“ONE”という名前でひとつにする、という意味もあります」
【安井】「シンプルにしようというのはありました」

――“NO.1”を目指したい、みたいな意味があるかと思いました。

【萩谷】「それも、入れましょう!」
【一同】「それ、いただきます!(笑)」

――なかでもお気に入りの曲を、それぞれ教えて下さい。

【安井】「全部好きなんだけど…きょうの気分で選んでもいいですか?」
【萩谷】「7人もいると『これ言われた!』っていうのがあるからね(笑)」
【森田】「きのうの夜、「&Y」を聴いていました」
【諸星】「夜? おしゃれなお酒でも飲んでたの?」
【森田】「なんか帰り道にテンション上げたいなって。ノリたい気持ちだったから」
【安井】「それでいうと、(今日)「LIFE」のミュージックビデオを見ながら来たよ。このカットがいいんだよな~って。YouTubeだとコメントが読めるので読みながら来ました」
【萩谷】「僕は「Rest of my life」。美勇人の主演舞台の時に作られた曲なのですが、僕らのパフォーマンスも美勇人が舞台を演っていた時とは別の、全員でコンテンポラリーチックな振り付けがすごく好き。同日発売するDVD・BD『UNORDER』にも収録されていますが、曲を聴くと映像が頭に浮かんできます」
【阿部】「僕は、今日、すっごく晴れているので「Love shower」。晴れの日に聴きたくなるんです。晴れだからこそ雨が恋しいです」
【安井】「作曲者(真田)が深くうなずいてるよ。そんなモロ(諸星)は?」
【諸星】「僕は「Girl」。曲がエンタメ性に富んでいるじゃないですか」
【萩谷】「うちらのなかでも「Girl」は人気強いよね」
【長妻】「僕は「Sabaoflower」。最近晴れの日多くない?」
【阿部】「あれ?」
【一同】「デジャブ?」
【長妻】「さっき(阿部が)晴れが多いっていうから『シャボン(先に)いかれる!』と思ったらラブシャでよかった」

――ファンの方から反響が大きかったのはどの曲ですか。

【萩谷】「やっぱり、「Make it true」をダンスプラクティスバーションでYouTubeにアップした時は…(反響があった)」
【安井】「踊っている姿をみせる機会が少なかったもんね」
【阿部】「小耳には挟んだのですが、「What you got」は結構人気らしいです」
【真田】「僕は「BOW!!」です。きょうめちゃくちゃかわいい犬を見つけたんです。俺の好きなバーニーズマウンテンドッグっていう、すごい大きい犬を見つけちゃったから。テンション上がっちゃった」
【安井】「真田がソロで歌っているバージョンの「BOW!!」もあって、それは合いの手みたいなのが入ってるんです。それを今(他のメンバーが)めっちゃイジってる。7人バージョンではそれがなくなってるんです」

――なぜ、全員バージョンではカットしてしまったのですか?

【真田】「一人で歌っていると心細いので入れたかったんです」
【森田】「普通、(合いの手入れるなら)7人の方で入れるじゃないですか」
【真田】「デモの時は、一人で仮歌を自分で入れているので、レコーディングになるとみんなどう歌うんだろう、とか楽しみです」
【森田】「確かに「BOW!!」の時そうだったね。さなぴーがディレクターみたいな感じでレコーディングした」
【真田】「僕のボーカルディレクションは厳しい(笑)」
【萩谷】「結構名言あったよね」
【諸星】「謙ちゃん(安井)になんて言ったんだっけ?」
【安井】「『もっと甘えるように』『もっと小悪魔みたいな感じで!』」
【一同】(爆笑)
【諸星】「変態ディレクターがいる(笑)。(真田が)『モロ!目ぇ閉じて歌って!』とか」
【安井】「いろんなアプローチでディレクションしてくるんです。面白いよね、『身体から~』とか『動きながら、笑いながら歌って』とかも言ってくるもんね」
【真田】「いろんなバージョンでメンバーのテンションをあげさせようと」
【森田】「でもまたやりたいよね!」

――では、アルバムを聴いてもらう時はそんな姿も思い浮かべてもらいたいですね。

【萩谷】「『こいつ、真田になんて言われたんだろう』と思ってもらって(笑)」

■初ワンマンはダンス&バンドもてんこ盛り 7ORDER史上“最難関”チャレンジ「乗り越えた先に武道館がある」

――1月13日、14日には東京・日本武道館での初ワンマンライブも開催されますが初めて聞いた時の印象を教えて下さい。

【真田】「やっぱりバンドの聖地じゃないですか。数々のアーティストさんがやられてきた場所。僕らはバンドもダンスもやるので、どっちからいく?みたいになりました。セトリの組み方も武道館を意識した組み方になったんじゃないかな」
【萩谷】「初めて(武道館決定の)話を聞いた時も『マジ?』みたいな感じのテンションでした。コロナの影響でライブがやれなかったので、7ORDERとして初ライブが武道館のステージというのが『まじですか?』という喜びと、大きな会場へのプレッシャー、びっくりと困惑とうれしさが混じりました」
【安井】「本当は夏にツアーをやる予定だったのが、結果的に初ワンマンが武道館になった。僕らは、そういう巡り合わせみたいなものが多い。自分たちが計算して筋道立てて決めているというよりは“予定不調和”なことが良く作用することが多い。なので、そこを楽しめるグループでいたいです」
【諸星】「僕の友達でラップをやっている子がいるんですけど、その子と7ORDERで活動し始めに夢を語っていた時があって『俺、絶対に武道館行くから!』と言っていたら現実になった。連絡したら『俺も頑張ります』って言ってくれたので、言えば叶うんだな~と」

――ファンの皆さんと久々に再会できますね。

【阿部】「心配なこともありますけど、みんなと会えるのは正直うれしいです」
【萩谷】「前回、無観客でショーをやった時に、今までお客さんの声援がどれほどパワーになっていたのかと。いてくれて応援してくれる存在がパフォーマンスする側の力なっていたと実感したのでうれしいです」

――では、ライブではバンドもダンスも見せていただけるということで…。

【萩谷】「もちろんです」
【真田】「てんこもりです!」

――なにか言える範囲で詳細を教えていだたきたいです!

【森田】「僕らコンビニで昼飯を買いに行く時、みんなサラダチキンを見てます」
【安井】「…というくらい、みんな身体を駆使します。普段は自分たちで振付けするんですけど、今回は振付師さんも入って、自分たちなら引き算して楽をするところを、思いきり課題をもらった。それと日々向き合ってます」
【阿部】「みんなの予想以上のものを魅せないとなって」
【諸星】「リハをやってると、あれ?前よりできるようになってない?って」
【萩谷】「できないところから始まってるもんね。あの振りも最初はスピードについていけなかったのが、ゲームのようにクリアしていくことに達成感がある」
【長妻】「いろいろ身体と向き合うことが増えて。ここがもう少し柔らかければよく踊れるんだなって、前より身体を大事に観るようになりました」
【萩谷】「技とかも覚えているもんね」

――では7ORDER史上最難ダンスもあったり?

【森田】「ダンスというよりライブ自体が今までで一番最難関。振付師さんや演出家の方もちゃんと僕らの顧問の先生のような立ち位置で、部活に近いキツさもあったり、その乗り越えた先に武道館があると思うと楽しみです」
【真田】「ダンスもですけど、バンドもですね。バンドも今回、結構新しいことにチャレンジすると思う。なので楽しみにしてほしいです」

――来年も楽しみがたくさんありますが、今年も無観客配信やブランドコラボなど多岐にわたる活躍をみせてくれたみなさん。今年の漢字一字を教えてください。

【萩谷】「(長妻に向け)ある?最年少から見た俺らの漢字」
【長妻】「卍(まんじ)? かなぁ~(笑)。でもいろいろやったじゃない? YouTubeもやったし、いろんなところに手を出しているというヒントだけ与えて…(バトンタッチ)」
【森田】「じゃあ七変化の“七”で。いろんな変化があったから、いろんな魅せ方があってMVもロック、ダンス、アート、形も活動も変化している」
【萩谷】「リモートで世の中にいろいろ出していった時もあったもんね」
【諸星】「七転び八起きにする? あ、八ですね…」
【安井】「八は来年なんじゃない?」
【真田】「今年は七で、来年は八か」
【安井】「(メンバーが)一人増えてたらどうする?」
【一同】(爆笑)
【安井】「本当に七変化くらいした年。僕らも世間も変化した年。来年もライブがありますが、来たくても来られない、もしくは来ないという選択をしてくれた人に対しても、僕らの初ワンマンを届けられる仕掛けをリアルタイム以外でも考えています。100すべてポジティブでいるのは難しいけど、ネガティブで終わらせたくない」
【萩谷】「どっちの良さも出せたらいいよね。生で見られるものと、見られないもの」
【安井】「なるべくポジティブに変えていける企画だったり…そこに突き進める形でありたい」

――来年、ライブやアルバム発売などお仕事は充実されていますが、プライベートでやってみたいことはありますか?

【真田】「はい!(挙手)7人で旅行! もう、ずっと話しているんですよ! ねえ、いきたいよね」
【一同】「めちゃくちゃ行きたい!」
【安井】「この前は国内でファンクラブ企画で温泉に行ったんですけど」
【真田】「最高だった」
【諸星】「あれ、超楽しかったね!」
【萩谷】「YouTubeのドッキリとかやってきたから、なんか疑ったよね。こんな幸せでいいのかなって(笑)」
【長妻】「次の日も12時過ぎまで寝てたもんね」
【安井】「来年は空飛びたくない? 7人そろって海外に行ったことがなくて。ずっと顕嵐が言ってるのはロス(ロサンゼルス)からラスベガスを車で走りたいよね!」

――では最後に、来年の活動への意気込みをお願いします。

【森田】「コロムビアさんなどいろんなチームが加わり、新しく活動できるということで、僕たちだけではできなかった事や夢が、来年叶います。なので、アルバムを聴いていただきたいです!」


ヘアメイク:櫻井宥歩、嵯峨千陽(VANITES)
スタイリスト:カワセ136
衣装協:OWDEN (eye′s press)
撮影:KOBA