令和第1号の「仮面ライダー」シリーズとなり、人気を博した『仮面ライダーゼロワン』。そのスピンオフとなるVシネクスト『ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷』のキャストが10日、解禁となった。

【場面カット】岡田龍太郎や鶴嶋乃愛も『滅亡迅雷』スピンオフに登場

 ZAIAエンタープライズ本社のCEO・リオン=アークランドを演じるのは、園子温監督作品『HAZARD』(06年)のほか、カナダ版『料理の鉄人』(放送中)では主宰を務めるなど、国境を越えた活躍を見せるジェイ・ウェスト。兵士型ヒューマギア・ソルド9役には『チア男子!!』(19年)や実写版映画『 弱虫ペダル』(20年)などに出演する若手俳優の菅原健。同じく兵士型ヒューマギア・ソルド20役はNHK朝ドラ『なつぞら』(19年)に登場した女優の鳴海唯が演じる。ヒューマギアに否定的な考えを持つ国防庁長官・大門寺茂役は、名バイプレイヤーの相島一之が務めるなど、個性豊かなキャストたちが滅亡迅雷.netの4人の前に立ちはだかる。

 また、テレビシーズから、岡田龍太郎、鶴嶋乃愛、井桁弘恵、桜木那智が再集結。本作では、冬の劇場版『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』で不破諫/仮面ライダーバルカン(岡田)や刃唯阿/仮面ライダーバルキリー(井桁)らと見事な連携をみせた滅亡迅雷.netの4人に新たな脅威が立ちはだかる。人類を敵視することをやめ、“悪意を見張り続ける”と宣言していた迅(中川大輔)、滅(砂川脩弥)、雷(山口大地)、亡(中山咲月)の4人が選び取る未来とは何なのか。彼らの動向から目が離せない。

 『ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷』は、3月26日から映画館での期間限定上映を行い、同7月14日にはリリースされるBlu-ray&DVDでは通常版のほか、作中で登場する変身アイテム「DX マスブレインゼツメライズキー」と「滅亡迅雷ドライバーユニット」が付属した「マスブレインゼツメライズキー&滅亡迅雷ドライバーユニット版」も同時発売となる。