11日放送のTBS系バラエティー『クイズ!THE違和感SP』(後7:00)では豪華芸能人によるチーム対抗戦が開幕。映画『さんかく窓の外側は夜』から岡田将生と志尊淳、ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』から菜々緒と久保田紗友、ミュージカル『モンティ・パイソンのSPAMALOT』から賀来賢人と新妻聖子が参加し、霜降り明星となにわ男子からなる『レギュラーチーム』と、大悟と川島明(麒麟)からなる『お笑いタレントチーム』の計5チームが熱い火花を散らす。

【全身ショット】ぴったり黒ワンピで美脚を大胆披露する菜々緒

 新クイズ「ミステリー違和感」では、国税査察官、通称「マルサ」がテーマに。実際に日本で起きた脱税事件を、井戸田潤(スピードワゴン)、宮下兼史鷹(宮下草薙)らの出演でミニドラマ化する。「違和感だらけの弁護士ドラマ」では、トリンドル玲奈と板倉俊之(インパルス)が弁護士役を熱演。菜々緒と岡田の早押し対決がぼっ発する。

 そのほか、今大注目の映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』で物語の中心となる炎柱・煉獄杏寿郎の声を務める日野聡がナレーションを務める「違和感写真館」、ある有名人・著名人の顔にノブの顔を合成し、その有名人が誰かを当てる「ノブ違和感」など、大人気“違和感クイズ”が盛りだくさんとなっている。

 収録を終えて、菜々緒は「私自身、あまりクイズ番組は得意ではなくて…でもこの番組は普通のクイズ番組とは違って、『違和感』に気が付けるかというクイズだったので、リラックスしながら、楽しみながらやらせていただきました。得意分野の問題も出たので、思ったよりもわかって、それが申し訳ないと思うような…(?)不思議な感覚になったクイズ番組でした!(笑)」とコメント。バラエティー初出演となった久保田は「緊張もありましたが、今回は個人戦でなく、菜々緒さんがいてくださって本当に心強かったです。足を引っ張らないように頑張ろうと思いました。楽しく参加させていただきました」と充実感をにじませていた。