人気グループ・Snow Manら若手アーティスト5組が、16日放送のフジテレビ系音楽番組『SHIONOGI MUSIC FAIR』(毎週土曜 後6:00)に出演することが決定した。

【写真】16日放送『MUSIC FAIR』に緑黄色社会、瑛人、折坂悠太、鈴木瑛美子

 今月22日にCDデビュー1周年を迎えるSnow Manのトークテーマは「あまり公になっていない、メンバーの知られざる一面」。特技を中心に、一般的にはあまり知られていない驚きの一面をメンバー同士で暴露しあう。

 この1年で鍛え抜かれたトークで盛り上げるほか、ビートが効いた力強いメロディーに、情熱的な歌詞を乗せた3rdシングル「Grandeur」(20日発売)を披露する。

 シンガー・ソングライターの折坂悠太は、地上波の音楽番組初登場。上野樹里主演の月9ドラマ『監察医 朝顔』の主題歌「朝顔」を歌い、上野からのコメントも届く。

 昨年「香水」で大ブレークした瑛人は、1月1日に発売したばかりの1stアルバム『すっからかん』収録の新曲「僕はバカ」を歌唱。隣人の女性にほのかな思いを寄せる、さわやかなラブソングを歌い上げる。

 “歌うま女子高生”として脚光を浴び、今ではミュージカル女優としても活躍中の鈴木瑛美子は、昨年世界配信された「After All」で圧倒的な歌唱力を響き渡らせる。

 番組2度目の出演となる男女4人組バンド・緑黄色社会は、テレビアニメ『半妖の夜叉姫』のエンディングテーマに起用されている「結証」(2月3日発売)を披露する。

 トークでは「これまでの歌手生活で一番ドキドキしたこと」についてそれぞれが語る。