元女子レスリング日本代表の吉田沙保里(38)の所属事務所は8日、吉田がPCR検査の結果「陽性」であったことを報告。「現在まで、体調も問題なく平熱で推移しておりますが本日の検査結果を受けて自宅で待機しております」と伝えた。

【写真】似てる?吉田沙保里の引退会見に登場した母&兄

 サイトでは「本日、1月7日に実施されましたPCR検査において弊社所属の吉田沙保里の判定が陽性であることが確認されました」と報告。昨年末より、体調管理のためマネージャー1人と定期的に週2回のPCR検査を実施しているとし、直近の検査日の結果について「2020年12月28日:陰性 12月31日:陰性」。「2021年1月4日:陰性 1月7日:陽性(マネージャーは陰性)」と公表した。

 続けて「現在まで、体調も問題なく平熱で推移しておりますが本日の検査結果を受けて自宅で待機しております。今後は所轄保健所や医療機関の指示に従い対応してまいります」とし「また関係者の皆さまの濃厚接触者が確認された場合には、個別に状況をお伝えしご連絡してまいります」と説明した。

 最後は「この度は、皆様にご心配とご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます」とコメントしている。