お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信(37)が、新型コロナウイルスに感染したことを8日、所属するマセキ芸能社が公式サイトで発表した。相方の相田周二(37)もPCR検査を実施したところ、陰性だった。きょう8日放送のニッポン放送『三四郎のオールナイトニッポン(ANN)』(毎週金曜 深1:00)について、番組ツイッターで「本日25時から放送予定だった『三四郎のオールナイトニッポン』はお休みとさせていただきます。本日は特別番組『はんにゃ金田哲と四千頭身・都築拓紀のオールナイトニッポン』をお送りします」と伝えられた。

【写真】はんにゃ金田&四千頭身都築が代役を務める『三四郎のオールナイトニッポン』

 番組では「SNSバズリンズンブングン化計画」と題して、金田がSNSでバズる方法をリスナーから募集している。

 サイトでは「当社所属の三四郎 小宮浩信(37歳)が新型コロナウイルスに感染していることが本日1月8日(金)に判明いたしました。このたび、正月休み期間中に、担当マネージャーが陽性になった為、無症状ではありましたが、念のためPCR検査を受けたところ、陽性との結果でした」と報告。

 平熱で無症状だが、現在は自宅待機中。なお「検査前は、正月休み期間中で、三四郎として仕事はしておりませんでした」としている。