俳優の千葉雄大(31)が、明石家さんま&中村玉緒の名コンビでおくる10日放送のTBS系特番『さんま・玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろかSP2021』(後6:30)に出演。女子高生の「憧れの大人気俳優と共学ライフを送りたい」という夢を実現させる。

【番組カット】千葉雄大が“男子高校生”として胸キュンシーン

 「自分のポテンシャルを信じて頑張りたい」と語る千葉は、転入してきた男子高校生に扮し、女子高生が憧れる胸キュンシーンの数々を再現。千葉が大好きと言っていた女子高生は、まさかの本人登場に「生きてて良かった!」と絶叫&赤面。千葉は後ろの席から背中に文字をかく“せな文字”など、彼女が憧れてきた胸キュンシーンの数々をかなえていく。

 この夢一番の目玉は“告白シーン”。今回、この一大イベントの演出を手掛けるのは、『アオハライド』『思い、思われ、ふり、ふられ」』など、数々の青春ラブストーリーを描いてきた胸キュン界の巨匠・漫画家の咲坂伊緒氏が担当する。女子高生が千葉を好きになったきっかけは咲坂氏原作の『アオハライド』の実写映画ということもあり、番組スタッフがダメ元でオファーしたところ、咲坂氏が快諾した。

 女子高生の夢をかなえるためだけに、咲坂氏が告白シーンを描き下ろし、千葉が再現するというスペシャルな展開に。「千葉雄大×咲坂伊緒」という最強タッグによる胸キュンシーンの連続に、スタジオの女性陣も大混乱となり、撮影された告白シーンを見た咲坂氏も感動し、より細かく描き直したというドキドキと感動の告白シーンは必見だ。

 これまでも「テレビの持つプラスの力を集結して、人々の夢を叶えたい!」というコンセプトのもと、毎年笑いと感動を与えてきた『夢スペシャル』。今年5月に放送した特別編も大きな話題を呼んだが、新春に放送する今回も、コロナ禍の今だからこそかなえられる夢を、番組が知恵をしぼって実現する。