アイドルグループ・乃木坂46の26thシングル「僕は僕を好きになる」(27日発売)のミュージックビデオ(MV)が8日、YouTubeで公開された。

【動画】リアル?演技?真剣なレッスンシーンも「僕は僕を好きになる」MV

 3期生の山下美月が初センターを務める本作のMVは、普通の女の子としても、アイドルとしても輝く乃木坂46メンバーの生きる姿がコンセプト。昨年11月下旬に神奈川県鎌倉市や渋谷など都内数ヶ所で撮影された。

 スタジオ内のダンスレッスンシーンは、真剣な姿を撮影するために、実際のレッスンを撮影。撮影数が最も多かったセンターの山下は、監督からの「どこまでが本当で、どこからが演技かをわからなくしたい」という要望に全力で応えていたという。

 監督は、映画『僕はイエス様が嫌い』で第66回サンセバスチャン国際映画祭最優秀新人監督賞を史上最年少で受賞し、森七菜「スマイル」やAI美空ひばり「あれから メモリアル映像」のMVを手がけた映画監督・奥山大史氏。乃木坂46のMVを手がけたのは今回が初となる。