俳優の間宮祥太朗が、9日放送のTBS系『炎の体育会TVSP』(後7:00)に出演。小学校1年から中学3年まで野球に打ち込んでいた間宮は、2019年7月に参加したプロ野球始球式で、芸能人最速の139キロを記録。剛腕ぶりを見せつけ、会場を沸かせた。そんな間宮が今回、現役プロ野球選手で首位打者も獲得した最強マスク・ド・スラッガーとガチの1打席勝負に挑む。

【番組カット】対戦にはティモンディ高岸も登場

 対戦する最強マスク・ド・スラッガーは、「WBC4番」「首位打者」「ベストナイン」「ゴールデンクラブ賞」にも輝いたことのある超一流スラッガー。ウォーミングアップの打撃練習中に柵越えの特大ホームランを連発し「ホームランしか狙ってません!」と打つ気満々だ。

 そんな最強マスク・ド・スラッガーに対し、間宮は「野球が大好きで、番組史上最強のマスクマンと対決できるという一生にあるかないかの対決に参加できることに感謝しています。久しぶりの野球対決を全力で楽しみたいですし、最強マスク・ド・スラッガーには絶対打たせません!!」と意気揚々とコメント。芸能人最速といわれるストレートで現役プロ野球マスク・ド・スラッガーを翻ろう。ベンチで勝負を観戦した上地雄輔は「マウンドで投げる間宮君を見てるとプロかと思った。感動するすばらしいピッチング」と絶賛する。果たして、間宮は最強マスクマンのヒットを抑えることができるのか。

 さらに、始球式で138キロの記録を持つティモンディ・高岸宏行も現役プロ野球マスクバッターと対戦。「こんなすばらしい対決、1日中やってたいです!」と大興奮の高岸は、名門・愛媛県済美高校でピッチャーとして活躍した実力を存分に見せつける。