ディズニー&ピクサー最新作『ソウルフル・ワールド』が、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」にて配信中。本作の日本版で音楽教師のジョー役を演じた浜野謙太、こじらせソウルの22番を演じた川栄李奈に、オンラインインタビューを実施。バンド「在日ファンク」のボーカル兼リーダーで俳優としても活躍する浜野は、「自分に本当に近い存在ですね。“俺だ!”と思いました」。川栄も学生の頃は将来の自分がイメージできず22番のようだったと振り返り、「22番のように、“何をしたらいいのか”“自分のやりたいことってなんだろう”と悩んでいる人が私の周りや若い世代には多いかもしれないです」と語っている。

【動画】「愛に満ちた世界」を歌う瑛人のスペシャル映像

《あらすじ》
 本作は、ジャズ・ピアニストを夢見る音楽教師のジョーがある日、ニューヨークで一番有名なジャズクラブで演奏するチャンスを手に入れて、浮かれ気分で街を歩いている最中にマンホールへ落下してしまったことから始まる物語。

 目を覚ますと青く可愛らしい姿に──。そこは生まれる前に「どんな自分になるか」を決める“魂<ソウル>の世界”だった。その世界でソウルたちは夢や情熱、興味など自分の人生を輝かせてくれる“人生のきらめき”を見つけ、人間として生まれるために巣立っていくのだった。

 そこでジョーが出会うのは、自分のやりたいことが見つけられず、「人間の世界に行きたくない」と何百年もソウルの世界に留まっているソウルの22番。何を試しても“きらめき”を見つけられず、「人生って、そんなに大切なものなの?」と言う22番にジョーは、「人生には楽しいことがたくさんある」と“きらめき”を持つことの素晴らしさ伝えようとするが…。

 まるで人生の迷子のように“生きる目的をみつけられない”22番と、ジャズ・ピアニストになりたいという夢だけを追いかけ、“夢を叶えるためになんとしても地上に戻りたい”ジョー。正反対の2人の出会いが生んだ驚くべき奇跡とは…。

■自分との共通点にグッときた

【川栄】オーディションを受けるために、最初、短い予告編を見たんですけど、ひと目みて「面白そうだな」と思いました。“魂<ソウル>の世界”がなにやらとってもかわいらしい。シンプルに好きな世界観だな、と思ったんですよね。

【浜野】僕も、町並みだったり、ジョーの動きだったり、音楽のオシャレさ、一つ一つにすてきさがあふれているなって思いましたね。主人公がミュージシャン、というだけでシンパシーを感じて惹かれました。ジョー役に決まって、本当に光栄に思いました。いろんなことを見失ってしまうことはあるけれど、一途に追い求めて一生懸命になっているというところが愛らしいですね。それがコメディーにもなったりして、そのジョーの必死なところが僕は大好きです。僕も見失いがちだから。もっと売れたい、ドラマに出たい、主役をやりたい…そういった夢がかなって忙しくしていると、日常の幸せだったり、音楽をする喜びだったり、演じる楽しさだったりを置いてきぼりにしちゃうことがある。

【川栄】私はあんまりガツガツしていないというか、夢や目標は立てるけど、仮に夢が叶わなくても、目標を達成できなくても大丈夫かな、みたいに思っているので、22番と感じ方が似ている部分があるな、と思いました。

■大人も子どもも一緒に楽しめる

【浜野】「きょう、お昼ごはんの後、見ようか」と、子どもたちに言うと、「わーい!」と大喜びして、「さぁ、見るぞ!」といった感じで、ピクサー作品を見るというのは、我が家にとって一大イベント。家族で過ごす特別な時間です。ピクサー作品は名作ぞろいなので、子どもたちにちゃんと時間を作って見せたいと思ってきたけど、『ソウルフル・ワールド』は大人にもおすすめしたい。やる気が出なくて、どうしようもない時に、かしこまって見る必要もない。人生のきらめきとは、生きるとは、こういうことだ、みたいなことは、実は言っていないんです。ただただ、物語やアニメーションが気持ちいい。ダラッと見はじめてもらえれば、見終わるころには…。

【川栄】私は、ディズニー、ピクサー、アニメ全般が好きで、よく見るんですが、最近のピクサー作品は、命の大切さを教えてくれる作品が続いていますよね。『2分の1の魔法』も、『リメンバー・ミー』も。しかも、リアリティーがあるけどファンタジーなアニメーションになっているので、小さなお子さんにも見やすくて、心に残る。『ソウルフル・ワールド』は、おうちで見られるので、家族でここはこうだね、とかお話ししながら見たらすごく楽しいと思います。この作品で家族がほっこりしてもらえたらいいな、と思いました。

【浜野】僕の子どもたちも「感動した」と言っていました。ちょっと意外でしたけど、声の出演している作品をほめてもらえてうれしかったです。