お笑いコンビのナインティナインが、7日深夜放送のニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)』(毎週木曜 深1:00)に生出演。岡村隆史と爆笑問題の田中裕二、出川哲朗による“スモール3”が、松任谷由実が「守ってあげたい」を歌唱した後に『第71回NHK紅白歌合戦』にサプライズ登場し、3人のテーマソング「きみのためにSuperman」、さらにユーミンの代表曲「やさしさに包まれたなら」を4人で歌い上げたことを受け、舞台裏を明かした。

【写真】密着!年に1度の「岡-1グランプリ」

 岡村は「31日は紅白があったから。これどえらいことやったんですよ。サプライズっていうことで、隠されていたわけですよ。これが、ほんまに決まって教えられたのが1週間くらい前やったと思うんですよ。ちょっと待ってくれと。サプライズで出て大丈夫かと。しかもユーミンさんと一緒って。さすがに焦って、とにかく練習あるのみやったけど、練習できるのが31日の当日しかないわけよ」と回顧。

 続けて「そんな中で、出川さんから珍しく電話がかかってきて。3日前くらいに。『これマジ話なんだけど、ユーミンさんからの伝言で岡村隆史の歌い出しを絶対に失敗しないように』って。オレが歌い出しやねん、もし間違ってしまったら、ズレてしまうから。それ言われてからヤバいなと思って、ずっと曲を聞きながら、練習練習でえらいプレッシャー。それで31日、当日。お昼の13時くらいにNHKに入って、リハーサルの時間は決まっているんやけど、珍しく出川哲朗が練習しようって。踊りも全部練習して、完璧にしてもっていこうって」と奮闘ぶりを明かした。

 松任谷からは「何があっても、私がなんとかしますから、安心して歌ってください」と背中を押されたそうだが、サプライズ出番ということもあり、出番まで楽屋で待機をする中で緊張感も高まっていく。岡村は「打ち上げみたいなのもないしね。普通に歌って解散しかないから。いつもやったら、五木(ひろし)さんのごあいさつとかあるけど。今年はね、しびれるで。松田聖子さん、玉置浩二さんのところに混じって、異物の何者でもない。あんな緊張なかなかない」と話すと、矢部浩之は「うわさでは聞きましたよ。僕(裏番組の)『RIZIN』見てましたから。いろいろチャンネルを替えながら、ちょうどそこ抜けていて」と申し訳なさそうに語っていた。

 スモール3は、フジテレビ系バラエティー特番『出川・爆問田中・岡村のスモール3』から誕生したプレミアユニット。11月28日放送回でユーミンが手掛けたテーマ曲が披露され、12月2日の『2020FNS歌謡祭』にも出演していた。『紅白』の舞台で歌唱を終えると、特別審査員のチコちゃんが「チョット待って、岡村~! あなた毎年あの手この手を使って出るわね。歌まで歌っちゃって。ちょっとユーミンさん、私もスモールなんだから呼んでよ。一緒に『カリ~ビアンナ~イト』歌いましょうよ。スモール4になりたい~!」とおねだり。

 別スタジオの総合司会の内村光良が「松任谷さん、これはホントのサプライズですね」と呼びかけると、出川は「チェン! 出ちゃったよ」と興奮気味に語りかけ、内村は「チェンじゃないよ!」とツッコミを入れていた。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。