吾峠呼世晴『鬼滅の刃』7巻、8巻が、1月8日発表の2021/1/11付「オリコン週間コミックランキング」で、それぞれ週間6.9万部、6.6万部を売り上げ、累積売上500.9万部、503.0万部を記録。先週2021/1/4付で『鬼滅の刃』1巻が、週間売上10.7 万部で累積売上を502.9万部とし、オリコンコミックランキング史上初【※】の累積売上部数500万部突破を達成しており、これで『鬼滅の刃』の同ランキング累積売上部数500万部突破作品は、通算3作となった。

【画像】『ONE PIECE』尾田栄一郎氏が『鬼滅の刃』人気に言及

 『鬼滅の刃』は、人喰い鬼の棲む世界を舞台に、主人公の少年・竈門炭治郎(かまどたんじろう)と鬼との戦いを描くダークファンタジー、昨年のテレビアニメ化をきっかけに人気が急上昇しヒットを記録。現在公開中の映画『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編』は、映画記録を塗り替えている。

 なお今週のコミックランキングでは、遠藤達哉『SPY×FAMILY』6巻が週間売上53.8万部で1位を獲得。1位は前作5巻に続きシリーズ通算2作目。

【※】「オリコン週間"本”ランキング コミックランキング」は、2008/4/7付」よりスタート
<クレジット:オリコン調べ(2021/1/11付:集計期間:2020年12月28日〜2021年1月3日)>