ジャーナリスト・池上彰氏がリニア新幹線について取材した番組『池上彰が緊急取材! どうなる!?リニア新幹線』(仮題)が、24日にテレビ朝日系(後1:55~)で放送。進行は、静岡朝日テレビの佐野伶莉アナウンサーが務める。

【写真】番組に出演する土屋礼央、ファーストサマーウイカら

 番組は池上氏が自ら現地に足を運び、リニア新幹線の現状を緊急取材したもので、日本の未来を支える一大プロジェクトの実現に向けて、問題解決の糸口を探るという内容。東京と名古屋をわずか40分で結ぶ「リニア中央新幹線」だが、予定された2027年の開業が非常に難しくなっている。工事が始まらない静岡県で一体何が起きているのか? その問題に迫っていく。

 今回、池上氏はリニアに初乗車し、独自の視点で取材。新型の座席から見えてきた未来の仕事スタイルとは? ジャーナリスト・池上彰氏の目に映った時速500キロの世界、日本の交通の新常識を伝える。

 乗車体験をした池上氏は「日本の技術力の高さを改めて確認しました。速度が500キロを超えると、いかにも『高速で走っている』という疾走感を持ちました。ワクワクする人もいるでしょうし、『ここまで急ぐ必要があるのか』と思う人もいることでしょう」とし、「リニア新幹線は順調に工事が進んでいると思っている人が意外に多いのですが、地方によって受け止め方は異なります。それぞれの立場も知った上で、リニアの未来について考えてもらえればと思います」と呼びかけた。