16人組ダンス&ボーカルグループ・THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバー、岩谷翔吾(23)、武知海青(22)、鈴木昂秀(22)の3人が新型コロナウイルスに感染した。7日、所属事務所・LDHが発表した。なお、ほかのメンバー13人は陰性で、濃厚接触者には該当しない。

【写真】色気溢れる姿を披露するTHE RAMPAGE・川村壱馬

 サイトでは「当社では、専門家の方々で構成した『LDH新型コロナウイルス感染症対策専門家チーム』による見解のもと、新型コロナウイルスの感染症対策として、全所属者による日々の検温・体調報告、定期的なPCR検査を行っております」と説明。

 続けて「このたび1/10のイベント出演に備え、当社所属アーティストのTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバー16名が年始に無症状ではありましたが、定期PCR検査を受けたところ、岩谷翔吾、武知海青、鈴木昂秀の3名が新型コロナウイルスに感染していることが、1/6に判明いたしました」と報告した。

 3人については「現在も平熱を保ち、体調を崩すなどの症状も出ておりませんが、保健所と専門家の皆様の指示に従い慎重に対応しております」とし、「念のため再検査の準備も進めておりますが、1/10に予定していた『第一生命 D.LEAGUE』の開幕戦に関しては、やむを得ず上記の3名は欠席し、13名のメンバーでの出演となります」と伝えた。

 なお、3人以外のTHE RAMPAGEメンバー13人は「陰性の結果と濃厚接触者には該当しないとの確認が取れております」と記した。

 岩谷翔吾、武知海青、鈴木昂秀は連名で「LDH新型コロナウイルス感染症専門家チームの指導のもと、定期的に行っているPCR検査を受けたところ、全くの無症状ですが新型コロナウイルス陽性と判定されました。現在も熱はなく、体調も問題ありません」とコメント。

 「日頃からメンバー、スタッフの皆さん含め、検温や体調報告、手洗いうがいなど感染対策の徹底をしており、体調も万全な状態で活動してまいりましたが、今回このような形になってしまい、不甲斐なくとても悔しい気持ちです」とつづり「『第一生命 D.LEAGUE』の開幕戦に関しては、残念ながら欠席となりますが、パフォーマンスを楽しみにしてくださっていた皆様、本当に申し訳ありません」と詫びた。

 最後は「今は保健所や専門家の皆様の指示に従い、安静にして一日でも早く復帰しファンの皆様に最高のパフォーマンスをお届けできるよう、今できることを頑張ります」と誓い「ファンの皆様、関係者の皆様、ご迷惑とご心配をお掛けし申し訳ありません」と結んでいる。