人気グループ・関ジャニ∞の大倉忠義が主演するフジテレビ系木曜劇場『知ってるワイフ』(毎週木曜 後10:00※初回放送15分拡大)第1話が7日放送され、初回平均視聴率が6.1%(世帯)、3.3%(個人)、だったことが8日、わかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【写真】ドラマ内では育児に奮闘する広瀬アリス

 韓国の有料ケーブルテレビチャンネル・tvNで2018年8月に放送された原作ドラマをもとに、大倉演じる夫婦関係に悩む主人公・剣崎元春がタイムスリップという奇跡がきっかけで、広瀬アリス演じる妻・澪を入れ替えたことにより“本当に大切なことは何なのか”を模索するファンタジーラブストーリーを描く。

 『あおい銀行』に勤務する元春の大きな悩みは、妻・澪との関係。二人の子供もいて順風満帆にみえるが、澪の自分への態度に頭を悩ませる。一方、澪もファミリーレストランで働いているが、家事、育児に非協力的な元春にいら立っている毎日だ。

 第1話では、夫婦げんかで家を追い出された元春が、大学時代の親友・木田尚希(森田甘路)が経営する居酒屋に駆け込み、銀行の同僚、津山千晴(松下洸平)を呼び出し、澪と離婚したいと愚痴る。そんな矢先、商談に出かけた元春は、大学時代の後輩、江川沙也佳(瀧本美織)と再会。食事に行くと、元春は沙也佳から“学生時代に好きだった”と明かされる…というあらすじだった。