TBSの伊東楓アナ(27)が7日放送のTBSラジオ『伊集院光とらじおと』(月~木 前8:30)に生出演。2月末をもって退社し、絵本作家を目指し、今年中にドイツに居住する予定であることを明かした。

【写真】2月末の退社をインスタで報告した伊東楓アナ

 伊東アナは、番組エンディングで「私、絵本作家になりたいと思って。3月19日に本が出ることになりました。これが第一歩でして、自分の表現力を上げるために、今年はドイツに行こうと思います。つまり、2月末でTBSを退社することになりました」と報告。「1年前に決めて、誰にも相談しなくて自分で決めたので、ずっと秘めていたものを今ようやく打ち明けることができてホッとしています」と率直な思いを打ち明けた。

 パーソナリティーを務める伊集院光は「おっさん、おばさんからのアドバイスは、これはやりたいは決めていいけど、これはやらないは決めなくていいんだと思うんだよね。おしゃべりしたければすればいいし、肩書なんか伊東楓でいいんだから。なんでもできる状態で歩いていってほしい」とエール。伊東の本のまえがきを伊集院が担当しているようで、その感謝を伝えながら、番組が終了した。

 伊東は自身のインスタグラムでも「今朝、『伊集院光とらじおと』の中でご報告させていただいた通り、3月19日に、本が出ます。今の私の、全てが詰まった本です。そして、自分の表現力をより高めるためにここでは手に入らないものを手に入れたくて今年から、ドイツに住むことを決めました。そのため、TBSテレビを2月28日で退社します」と報告。

 続けて「お話ししたいことは山のようにありますかが、それは今後ゆっくりとお伝えしていきたいと思います。ここまで応援してくださった皆様本当にありがとうございます。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。こんな状況下ですが、皆さまが、希望に満ちた毎日を過ごせることを心から祈っています」と呼びかけている。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。