人気グループ・Snow ManによるParaviにて配信中のバラエティ番組『それSnow Manにやらせて下さい』(毎週金曜 後11:30)。8日の配信回では、今年の元日に全国放送された第2弾地上波スペシャルで披露されたテーマ曲「ナミダの海を越えて行け」TV初パフォーマンスの裏側を独占配信。そして、2021年最初のレギュラー企画として『それSnow Manだとおいくらですか』を15日から3週連続配信することが決まった。

【動画】『それスノ』テーマ曲「ナミダの海を越えて行け」収録の模様

 元日の第2弾地上波スペシャルで放送された「それSnow Manだとおいくらですか」のParavi版が登場。Snow Manがアイドル以外の職業についたら、一体いくらで雇ってもらえるのか?を検証する人気企画で、元日の地上波特番では“#それスノ”がツイッターの世界トレンド第2位にランクイン。この企画で登場した“レンタル彼氏”や“時給75万”などもワードもトレンド入りし、話題となった。

 Paravi版では、時給を少しでも上げるために面接の経験もほぼない、というメンバーたちがかっちりしたスーツを身にまとい、面接官と繰り広げる予想外のやりとりに注目。この模様が、地上波放送の最後に少しだけ放送された際には「ええ? 一体どんな職業??」「見た過ぎる!」など早くも話題騒然。どのメンバーがどんな職業の面接に行き、どんな金額をたたき出すのか。予想しながら楽しむことができる。

 今回は、番組初の全員スーツ姿でそれぞれの企業へ面接に向かったメンバーだが、意外にもネクタイの結び方に四苦八苦…。アルバイト経験もほぼない、というメンバーが一体どんな職業のどんな面接をしたのか。ヒントは、それぞれのメンバーの写真の背景にあるという。

そして、今年最初の配信回では、地上波初披露となった番組テーマ曲「ナミダの海を越えて行け」のTV初パフォーマンスの裏側をあますことなく届ける。実はシェアハウスをイメージしたセットの中には、メンバー各自がこだわって持ち込んだアイテムの数々が隠されており、そのアイテムを持ち込んだ理由など、彼ららしさが詰まったセットの詳細にも注目だ。