俳優の中川大輔が11日に放送されるフジテレビ系月9ドラマ『監察医 朝顔 新春SP』でゲストとして初の同枠出演を果たすことがわかった。中川は、主人公・朝顔(上野樹里)が妊娠中に起きた事件の被害者・大野雄太と同じ広告代理店に勤める先輩社員の田中を演じる。中川は「『監察医 朝顔』を視聴者として見ていたので、自分もあの優しい世界観に入れるんだとすごくうれしかったです。現場でも朝顔チームの中でお芝居ができることが幸せでした。今から放送を楽しみにしています」とコメントを寄せている。

【写真】上野樹里らが登壇した制作発表の模様

 
 中川は2016年の第31回メンズノンノモデル公開オーディションでグランプリを獲得し、雑誌『MEN'S NON-NO』の専属モデルとしてデビュー。2019年4月期『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ)、2019年9月には『仮面ライダーゼロワン』、2020年10月期『極道主夫』(日本テレビ)、この1月からは『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』に出演が決定するなど、今、注目の若手俳優。

 今作は上野を主演に、同枠初めての2クール連続放送で、法医学者と刑事という異色の父娘を描く。SPでは全編新撮にて、朝顔と桑原(風間俊介)が初めて出会ってから恋人として付き合うまでのことや、朝顔が娘・つぐみを身ごもってから生まれるまでのことなど、これまで描かれることのなかった朝顔たちの宝物のような物語を、新春にふさわしい爽やかな涙とともに送る。中川はその事件パートに登場する。

 そして朝顔がつぐみを妊娠しているさなかに起きた、とある事件――。広告代理店に勤務する大野雄太が不審な死を遂げる。スーツ姿で、空き地に仰向けになって亡くなっていた大野。警察が遺体を発見したのは、公衆電話からの通報によるもので、電話の主は名前すら名乗らずに切ったため、第一発見者は特定できていない。

 遺体を調べると、もともとうつぶせだったところを、誰かが引きずって仰向けにした形跡が見つかった。不可思議なことが多い大野の遺体。朝顔たちは解剖をして死因を含めてハッキリさせようとするが…。大野が亡くなる前に会社の食事会があり、田中と大野はもう一人同僚を連れて、4次会まで食事をしていた。それを知った警察は田中のもとへ聞き込みに向かう。

 中川は視聴者に向け「新春SPではいくつかの時代の事件、そして家族の模様が描かれています。僕は事件のパートに関わっています。真相を推測しながら楽しんで下さい!自分自身今まで演じたことのないタイプの人物だったので、そこも注目していただきたいです!」とアピールしている。