お笑い芸人のバカリズム、女優の仲里依紗がMCを務めるMBS/TBS系のバラエティー特番『バカリズムと仲里依紗のお悩み解決サロン だったらこうすりゃいーじゃない?』が、9日に放送(後4:00)。仲はバラエティー番組のMCに初挑戦する。

【写真】ゲストにはずん飯尾、高橋ひかる、DJ松永が登場

 番組では「困っている時はお互いさま」をモットーに、悩みの解決方法を出演者全員で考えていく。ずんの飯尾和樹、高橋ひかる(※高ははしごだか)、Creepy NutsのDJ松永がゲスト出演し、出演者の悩みとそれぞれが考えた解決策を、それぞれショートアニメにしてプレゼンするという斬新な演出を採用している。

 仲は、撮影現場でのスタッフとのやり取りにまつわる悩みとして「食事に誘ってくれるけれど、これって社交辞令!? それとも本気にしていいの!?」と告白。高橋は、女性同士の会話で起こりがち(!?)な“かわいいラリー”をどう終わらせたらいいかを相談する。

 飯尾は、タクシーに乗車した際、クレジットカードの暗証番号の入力時にモヤっとすることがあると告白。松永は、地元・新潟で出演したフェスでの出来事として、その場の空気を読んだコメントができず、本当に思ったことを口にしてしまい、周りはドン引きになってしまったと打ち明ける。

 収録を終えたバカリズムと仲がコメントを寄せた。

■バカリズム
みなさんがそれぞれ抱えている悩みに対しいろんな解決策を言い合うんですけど、はっきりと解決することもなく(笑)。ふわ~っと番組が進んでいくんですが、逆にそれがいいんじゃないかなと思います。そこまで本気で悩んでいない・考えていないくらいの悩みで、それがファミレスでしゃべっている感じがして楽しかったです。悩みを相談する側も、話すことで発散できるというのもありますしね。仲さんは初MCとのことで緊張されていたとおっしゃっていましたが、頭の回転も速いですし、まったくそんなふうには見えなかったです。放送時間も夕方ですし、番組の雰囲気もアットホームで、ゆる~い空気感なので、気軽に楽しんでいただきたいです。

■仲里依紗
初めてのバラエティーのMCだったので、ずっとハラハラでした。カンペをしっかり見ていないといけなかったり、みなさんがおしゃべりされている間に割り込んでいかないといけなかったり…(バカリズムから「そんなし烈な現場じゃないよ(笑)」との言葉が寄せられる)。けっこう、自分で気づかなきゃいけないことがあるのが難しかったです。ドラマだとキメキメでカメラの前に立つのですが、バラエティーはナチュラルに進めていかないといけないので、台本を読みながらタイミングを考えるのに苦戦しました。

世間話じゃないですけど、「こないださー、こんなことがあって」と話しているような軽い悩みなので、見ている方も重く暗い感じにならない、明るくて笑えるバラエティーだと思います。私の悩みにも解決策を提案してくださったのですが、参考にできないものや、頭の中に「?」が浮かんだものもありました(笑)。でも「?」な解決策も、今後ふとした時に「そう言えば…!」とどこかで役に立つような楽しいものばかりで、みなさんの意見が聞けて楽しかったです。放送時間の16時頃って、主婦にとって「あー、ごはん作り始めなきゃ」って、ちょっと憂鬱(ゆううつ)な時間なんですよ。そんな時間にラジオ感覚で流せる、ラフに見られる番組になっています。「くだらない悩みだなぁ」なんて思いながら、みなさんに笑ってもらえたらいいなと思います。