新型コロナウイルスに感染し、入院していたお笑いコンビ・ウエストランドの井口浩之(37)が6日、自身のツイッターを更新。同日に退院し、しばらくは自宅療養することを明かした。所属事務所のタイタンによると、同じく新型コロナに感染し療養中の相方・河本太(36)とともに、保健所の指導に基づく療養期間を終え、万全な状態での仕事復帰を目指す。

【写真】今年のM-1では決勝に進出したウエストランド

 井口は自身のツイッターで「本日退院しました!!! 久しぶりに外の空気を吸いました! 寒かったけど気持ち良かったです! 事務所の方々の家族以上のサポートと、皆さんからのコメントで乗り越えました! ありがとうございます! そして医療従事者の皆様には心こら感謝しております! しばらく自宅療養して、完全復活します!」と呼びかけた。

 昨年末、所属するタイタンのサイトで「本日12月28日(月)弊社所属 ウエストランドの井口浩之、河本太がPCR検査にて陽性との検査結果が出た為、現在、保健所の指示を待つと共に、自宅待機中です」と報告。

 経緯について「昨日12月27日(日)昼、井口に37.8℃の発熱があることが分かり、自費診療にて井口、河本、マネージャーの3名がPCR検査を受けたところ、全員陰性との結果でした。本日、念のためインフルエンザの検査と共に、改めて2度目のPCR検査を受けたところ、井口浩之、河本太は新型コロナウイルス陽性との結果が出ました」と説明した。昨年12月30日、井口は自身のツイッターで「ずっと熱が下がらなかったため、本日から入院しております。引き続きご心配ご迷惑おかけしております」と伝えていた。

 相方の河本の現状についてタイタンは、ORICON NEWSの取材に対し「現在まで発熱はないものの、陽性確認の数日後に体のだるさ、関節の痛みや嗅覚異常の症状が出てきており、現在は、嗅覚症状以外、体調は良好」と回答した。