プロ野球・千葉ロッテマリーンズのマスコットキャラクター「謎の魚」が、エイベックスよりCDデビューを果たすことが6日、発表された。

【写真】「その読み、的外れやのぉ~」元阪神番だからこその攻めたキャッチコピー「挑発ポスター」3年分ほか謎の魚グッズ(全33枚)

 謎の魚は、2018年に千葉ロッテの本拠地ZOZOマリンスタジアムのビジョンに初登場。その後、第2形態、第3形態、第4形態、第5形態と進化をとげるたびにビジュアルも変化。キモかわいさと不可思議なパフォーマンスで、球場内外のファンを楽しませてきた。

 19年オフの記者会見では「来年から生声を皆さんに披露するつもりです。グフフフ。あ、ちなみに歌も歌えます。CDを出したいです。発売元、大募集中です。お問い合わせはマリーンズインフォメーションセンターまでお願いします。グフフフ」とCDデビューにかける思いを語っていた。

 すでにレコーディングとMV撮影は終えているが、楽曲タイトルや発売日などの詳細については「令和の怪物、佐々木朗希選手のデビューに合わせたい」という魚サイドの意思も尊重しながら、最終決定される。

 エイベックスは「謎の魚氏と契約した理由は、ビジュアルはもちろん言動一つひとつが表現者としてオリジナリティーにあふれ、何か新しいモノを生み出すことができるのではないかと感じたからです。閉塞感のある世界に明るいなにかを届けられたらうれしく思います。スポーツの熱と音楽の力で、日本を、世界を元気に!謎の魚、期待してます!」とコメントを発表している。