女優の小西桜子が主演する真夜中ドラマ『京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~』(テレビ大阪、BSテレ東で9日スタート)の各話に出演するゲストキャストが明らかになった。第2話(16日放送)には、「楽器を持たないパンクバンド」として人気のBiSHのメンバー、ハシヤスメ・アツコと、初著書の“超短編小説集”が話題のピン芸人・バイク川崎バイクが登場する。

【写真】ハシヤスメ・アツコがゲスト出演する第2話の場面カット

 お笑いコンビ・NON STYLEの石田明が連続ドラマの脚本に初挑戦した作品としても注目の本作。デビュー作が大ヒットした新人小説家の井町潤(小西)は、プレッシャーから次回作が書けなくなってしまう。潤が東京の喧騒から逃れ、行きついた先は大阪と京都の間にある京阪電鉄の「ケーブル八幡宮山上駅」。そこで、元料理人の創介(中村俊介)と小学生のこころ(新津ちせ )と出会う。潤は創介とこころが経営する民泊「きずな屋」に連れられ、長期滞在することに。そこは“一宿一飯”というルールがあり、宿代の代わりに従業員の望むご飯を食べさせてもらう事が先代・七海(壇蜜)からの経営方針を受け継ぐ、宿泊代をとらない一日一組限定の宿だった。

 第2話で、ハシヤスメが演じるのは、潤のファンだという宿泊客、水野恵美役。「今回、映えるスポットを探しては写真を撮って投稿!というSNS大好きな今時でアクティブな女の子《恵美》を演じさせていただきました。全部に一生懸命でどこかズレてるけど憎めない、そんな女の子です」と、役柄を説明するハシヤスメ。

 「自分と似てる部分もあったりして役は作りやすかったですが、いつもの自分が出過ぎないよう慎重に演じさせていただきました。関西弁が飛び交うきずな屋の現場は、ハートフルで人情味あふれる素敵な雰囲気でした! キャストの皆様が温かく、笑顔溢れる現場の中で楽しく伸び伸び演じさせていただきました! SNSが盛んなこんな時代だからこそ共感してもらえる部分があるんじゃないのかな、と思います」と、コメントしている。

 バイク川崎バイクは、本人役で登場。脚本の石田から直接、出演を打診されたそうで、「長い付き合いのある尊敬する先輩からの、“ご縁”という名の“きずな”。うれしかったです。撮影はというと、ドラマに慣れてない僕に、監督さんスタッフさん、衣装さんたちまで皆さん優しく接していただきました。共演した小西桜子さんも聡明な印象で、緊張してるサングラス芸人に終始ニコニコしてくれてました。僕は本人役出演だったので、その辺りがドラマの雰囲気をBKB(ブチ壊してないかが微妙)です。いやあ、楽しみやで!」と、話している。

■各話のゲスト
2話(1月16日放送)ハシヤスメ・アツコ(BiSH)、バイク川崎バイク
3話(1月23日放送)福山翔大、三戸なつめ
4話(1月30日放送)藤原光博(リットン調査団)
5話(2月6日放送)寺田農、螢雪次朗
6話(2月13日放送)中村静香、山田菜々、佐藤綾香
7話 (2月20日放送)赤座美代子
8話・9話(2月27日・3月6日放送) 谷村美月
10話(3月13日放送)しゅはまはるみ、三上市朗
11話・12話(3月20日・3月27日放送)杉浦太陽、間慎太郎

■放送情報
テレビ大阪:1月9日スタート、毎週土曜 深0:56~1:26
BSテレ東・BSテレ東4K:1月9日スタート、毎週土曜 深0:00~0:30
※NTTぷらら「ひかりTV」で1週間先行配信